開業占いの専門店 あなたも占い師になれるプロ用ソフト フォーチュンソフト
フォーチュンソフトは占いの専門店です。運命学のプロ集団が開発を行っております。
多くのプロの鑑定士が採用しており、当社のソフトを使用することによって占いの診断水準を一定に保てます。
日本易学連合会やデパート出展の占い師もお使いです。あなたも、占いのプロを目指してみませんか?
フォーチュンソフトは占いの専門店です
 

有)フォーチュンソフトの会社概要

所在地  

    〒081-0341 北海道河東郡鹿追町瓜幕西33線20番地8
    TEL 0156-67-2742  FAX 0156-67-2743

 

    

■経営方針

  1.ホンモノの運命学のノウハウをどこまでもどこまでも世の中に提供していく。

   運命学は結果が全て。
     ・社長には会社の発展をもたらすこと
     ・ ビジネスマンには利益をもたらすこと
     ・家庭には平和をもたらし、子供には良い教育をもたらすこと
     ・人間関係のトラブルを解決し、予防すること

   当たった当たらないに固執して実際に開運しない占い業界の改革
     ・当たったら悩んでいる人は、自分を分かってくれたと勘違いして満足します。
     ・でもそういうレベルでは開運せず、占い依存症患者を増やすだけ。
     ・実際に、お金が欲しい人は、お金持ちにならないと占いを勉強する意味はない。

  2.100年間という時の審判に耐えられる仕事をする。
   100年後も当社の書籍やノウハウが、利用されることを目指す。

  3.長期投資を通して 金銭的束縛から自由になる人生のノウハウ提供

  4.開運乗馬施設の運営

    自分で自分を調教するように馬を調教していくのが乗馬の真のあり方
    この欧米では当たり前の常識が日本では非常識である。

    

     歴史 ■(上↑)

西 暦
出来事

1983年 

個人の趣味として占いを勉強をはじめる。きっかけは、自分の人生を如何に生きるべきかを模索するため。
1990年 
姓名判断、四柱推命ソフトウエアのリリース。
7年間個人の趣味としてやってきたノウハウを集大成するためにソフトウエアを開発し、それをオンラインソフト(気に入ったらお金を払ってという当時流行した形態)という形で世にリリースした。
1991年 
ソフトウエアの反応の大きさに驚くとともに、各流派の占い師さんから多くの要望をいただき、結局、授業料を払って、教えてもらうことになる生活が始まる。
1995年
個人事業主では対応しきれなくなり、独立して、法人(有)フォーチュンソフトを設立。
だんだんと、閉鎖的な占い業界に嫌気がさし、根本的に運命学をゼロから、構築しないといけないことに気づく。また、それぞれの流派の根底にある、思想的な違いの部分にも、気づき、どれがいいとか、どれが悪いといった、議論は無意味であるという結論を出す。
1996年
どの流派にも納得がいかないので、オリジナルのやり方を目指すことにする。
なぜならば、
15年間のサラリーマン生活で、寝食をともにした同僚や部下、上司を100人以上鑑定してみても、実際にはあたらないからである。独身時代〜結婚してからなど、15年の人間観察の結果と、占いの結果が、マッチしないのである。占いの理論そのものが、学術的ではあっても、非実用的なのであるこに気づく。
このころになると、リストラという言葉が流行りだし、多くの同僚や上司、部下が独立、左遷、転職、減俸、降格というドラマに遭遇するが、そういうときに、占いが実用的に使えないし、アドバイスも的を得たものが提供できず、何のための占いか?というジレンマにおちいる。ソフトを開発していても、実際には占いは、当たらないものというあきらめに似た気持ちになる。
1997年
姓名判断、四柱推命に加え、宿曜経、風水、奇門遁甲、紫薇斗数推命、ホロスコープなどのソフトを次々にリリースする。いろいろな商品をリリースすると同時に、一人の人を鑑定する場合に、すべての占いを同時に使う習慣が自然についてくる。一つの流派、一つの占いだけで、人を正確に診断することの困難さを思い知ったからである。
この頃から、企業の経営者から、社員や役員人事などの相談を受けるようになる。
1998年
波木星龍という占い師の出会い。今まで、数十人の占い師から、講義を受けてきたが、この方との出会いによって、目指すべきものが見えてくる。
東洋の占い、インドの占い、西洋の占いのすべてを熟知し、それらを別々のものとして理解しているのではなく、ひとつの融合したものとして、身につけている方である。実際に、占うときも、まったく異なる占いを、まるで、1つの統合された占いのように使い切っているやり方を見て感動する。この波木星龍という人物の教えを受けているうちに、自分自身の中で、オリジナルの占いが芽生えた。
1999年
ようやく、この段階になって、世界の占いの、すべての流派の根本に、流れている思想的なものがわかるようになり、すべての占いを融合していく作業に着手するようになる。やっと、当たる占いとは、何なのか?実用的な占いは何なのか?を理論的に体系化できる自信ができてくる。
2000年    西洋占星学、四柱推命、宿曜経、紫薇斗数推命をすべて同時に使って、占う方法を、確立し、セミナーという形で、世に広めることをスタート。といっても、ボランティア活動からのスタート。
2002年
統合運命学 飛龍 を発売。
西洋占星学、四柱推命、宿曜経、紫薇斗数推命 をすべて同時に使うソフトをプロの占い師向けに発売する。シグマリオンというモバイルで動作するため、持ち歩きが便利ということから、デパートで出展している占い師さんを中心に、口コミで、広まりつつある。
占いの現場では、ひとつの占いに固執しすぎると当たらないという問題点を自覚している人が多い。そのため、この商品は高価格であるにもかかわらず、必要に迫られて購入していく方が多い。
2003年 
インターネット上での占い事業に進出する。
統合運命学ソフトである星平会海プロ版を開発・販売。
2004年

占いと心理学を融合させた新しい分野へ取り組む。
その第一弾が、素質心理学プロ版である。生年月日からの情報だけで、占いをやるのは、無理がある。という結論。

2005年
経営者向けのビジネスセミナーをスタートする。とくに、人事問題に焦点をあてた、適性診断のセミナーが好評。
個性学、個性心理学、バースデイサイエンス、ライフコンパス、人間幸学など、を、かじってきた経営者には満足感が高い。
四柱推命や宿曜経、部分的には紫微斗数推命を使っているが、それの根本を講義すると目からうろこ。
2006年

天命人事という書籍を出版。

2007年
企業の社員教育のスタート。能力診断、能力開発、性教育、結婚までの恋愛教育など。
秘教学と運命学を融合した書籍を自社出版。
四柱推命と東洋医学を融合した商品を開発販売。

※提言
当たる当たらないという観点で運命学に関心をもつ以上、その人は確実に運を下げていきます。
占い依存症の精神疾患の人が増えているのも、そこに根本原因があります。
自分がもって生まれたどの部分が、どの程度、発動できているのか?という使い方がこれからの使い方です。
この思想を日本に広めない限り、占い依存症という名の精神疾患の人は増加しつづけるだろう!
2008〜2009年

書籍と教材の開発に力をいれる

スピリチュアル四柱推命   ・スピリチュアル紫微斗数推命

運命学大全  ・運がよくなる四柱推命の使い方

愛と性とお金の命理学  大転換の時代

プロ養成 DVDビデオ講座  ・四柱推命大奥極秘伝DVDビデオ講座

2010年

運命学奇法大全DVDビデオ講座   ・星平会海事人物例集DVD講座

悩みの科学DVD講座   ・陰陽理論による投資術  ・性と愛の神秘DVD講座

・Iphoneのアプリを開発

2011年

・4月に 北海道の鹿追町に拠点を移す。実際に開運する道場の施設を開設。

 業務用の占い開運ソフトウエア にくわえ 乗馬で開運 のスポーツ施設を建設。

2012年     

そろそろ占い業界も古いものをリストラしなければ業界そのものが捨てられる時代になってきた。

いままでのやり方や常識を破壊して、新しいものを創造する時代になってきた。

2013年

新しい時代にふさわしい新しい運命学の使い方 そして 鑑定方法を書籍化した。

そのノウハウを、新四柱推命プロ版Ver10の機能に取り込んだ。

2014年 古典的な占いは、精神的に病んだ人には好評であるが、実際的な開運は不可能である
という結論に達し、オリジナルな道を選択する。
2015年 新刊書を多数出版
2016年 販売完了になった書籍を、スマホアプリで多数無料公開する
2017年

自力開運という自分の運くらいは、自分で開けるというあたりまえの運命学を広める活動

書籍をPDF化して電子書籍として販売を開始する。

ラクラク四柱推命の出版(有名人から学ぶ四柱推命)

■主な取引先

1.社団法人 日本易学連合会(日本で唯一つの易に関する社団法人です)
2.株式会社 塔里木(原宿にある占いの専門学院です)
3.正統占い教室代表 波木星龍(中国占星術と西洋占星学の両方を指導しています)
4.流通会社・・・ ソフトバンク・コマース株式会社  
5.特約店・・・ 原書房 中尾書店
6.テレシスネットワーク 株式会社

  上に戻ります

クロネコヤマトの宅配便で フォーチュンソフトの占い製品を送ります

 この Web サイトに関する質問やコメントについては、 support@fsoft.co.jp まで電子メールをお送りください。
最終更新日: 2003/07/26 Fortune Soft Inc.,Ltd