これからやってくる相場に乗ろう

金融資産の60%は高齢者層が保有しています。だから定年退職して、時間ができたら投資を始めるべきだ。と言われます。

これが大きな間違い。

もう稼げない中高年は、投資をやるべきではないのです。勉強するのは、もう遅いんです。収入がないのに勉強なんてゆうちょうなこと言ってられるか? 恐怖にやられて、大損するのみえてます。

投資は、若いうちに勉強しておくにかぎる。

現役層は子育てや家のローンに追われて、投資などする余裕がないと言っています。

これも間違い。家なんて、建てても定年したらどこに住むかわかったものではないから、賃貸でいいんですよ。

ローン払う金あるなら投資にまわすべきです。

たとえ毎月2万円でも。

長期投資で絶対的な自信を持つようになってくれば、銀行に預けるお金は、50万円だけでいい。

車を売って、家を売って、ぜんぶ売って、それでも、投資に回すべきなんです。

家なんて、20年も投資していたら、現金で買えますから。

10年で2倍 20年で4倍。これくらいは、年利7%でもまわります。住宅ローンで3000万も払うなら、それを投資にのっけておくと、数千万になりますよ。

これからやってくる相場に乗れば もっといくでしょう。

自分は50歳からスタートしたけど、もっと早くスタートしていたら、と悔いています。

金がないから投資できない?

そういっている人に限って、無駄遣いしてます。

まあ、投資の波に乗っかって、楽しくしている人がふえてくれば、あとから、我も我もと、焦って追いかけてやってくるんでしょうね。