成功の法則を知っているのは欧米人

■成功の法則を知っている欧米人、知らない日本人

 世の中に出回っている成功の法則の類の本を見てみると、ほとんどが欧米の著者の訳本であることに気が付くでしょう。引き寄せの法則、マーフイーの法則、アドラーの心理学、こういったものが元になって、最近は、日本人も成功の法則を書くようになってきました。読者は、なんのために占いを勉強したくなったのかと言えば、もっと幸せになりたいと思っているからでしょう。

欧米では心理学的にも科学的にも成功の法則が非常に良く研究されています。欧米でいう成功とは、感情が幸せになることであって、大金持ちになったから成功者とは言いません。カルロスゴーンさんは、大金持ちになったのかもしれませんが、幸せとは言えません。常に、不安と恐れを抱えて生きているからです。

 マインドフルネスという言葉が欧米では良く使われていますが、東洋でいう瞑想的な状態のことをいいます。つまり、真我と一体になった心地よさのことを言います。真我と一体になるとは、自分の設計図通りの状態に自分をすることです。この状態に自分をするために考えられたのが成功の法則なわけです。

具体的には、

・知性の高さと幸福はまったく関係がない。
・トラブルをネガテイブにとらえ行動すると不幸になる。
・トラブルをポジテイブにとらえ行動すると幸福になる。
・自分の成長、自分の変化を感じた時、幸せを感じる。
・運の良い人は、機嫌が常にいい。
・運の悪い人は、機嫌が常に悪い。
・幸せ的な行動をするから、幸せと感じる。
・不満的な行動をするから、幸せを感じない。
・人のうわさ話しをしない習慣の人は、幸せを感じる。
・有名人のゴシップを評価しない人は、幸せを感じる。
・利他主義者は、幸せを感じる。
・批判的でない人は、幸せを感じる。
・自分の欲求に正直である人は、幸せを感じる。

という内容が、成功の法則の根本であり、科学的に証明されています。

さて、今の占い理論に、これらの法則が使われているでしょうか?まったく使われていないでしょう。それどころか、幸せを感じられないようにしむける理論が占いには無数に仕込まれています。

 自分の設計図はどのようになっているのか?を知る道具が占いなのですが、生まれ持った命式やチャート図に文句をつける理論が占い理論になっています。お金を持てるとか持てないとか、結婚できないとかできるとか、子供ができないとかできるとか、親と縁がないとかあるとか、相性がいいとか悪いとか、出世できるとかできないとか、そんなことを決めつける目的で占い理論が創作されています。

当社は、従来の占いのこういった理論を卒業します。とくに東洋の占いは数百年間もまったく進化していないので、卒業しなければなりません。市販される本のすべてから、可能性を否定するような理論を消滅させなければなりません。西洋の占いに関しては、先駆者が筆者と同じような目的をもって一歩先を進んでいる人がいますが、東洋の占いに関しては、いまのところ筆者しかいません。

当社の現在販売中の書籍は、すべてこういった観点から書かれたものです。今のおすすめはこれです。

 日々の生活でテレビやメデイアから入ってくる情報に汚染されてはいけません。メデイアは相変わらず、東大生をもちあげていますし、大学教授を偉いものとしていますし、ゴシップが大好きですし、有名人を批判しぼこぼこにするのが大好きですが、これらは人を幸せにしないものばかりですから。

投稿者: UNKAI

フォーチュンソフト 代表 妻は タイ人で やはり 運命学の研究家。 英語での鑑定 うけたわまります。