最新の遺伝子研究と運命学

■最新の遺伝子研究は運命学をも変える

最新の遺伝子研究では、生まれながらにもっている遺伝子さえ、長年の生活習慣で変わることが発見されています。さらに、遺伝子の配列の変化がない場合でも、それがどのように発現するかは、そのヒトの食事や喫煙やお酒やストレスなどの生活のあり方によって決定されるというエピジェネテイクスという分野の学問が注目をあびています。

癌になりやすい遺伝子をもっていたとしても、それが発現するヒトとまったく
発現しないヒトがいるわけです。

つまり最新の遺伝子研究では、どのように生きるとリスク遺伝子が発現しない
のか?という生き方の研究が注目されてきているわけです。

ヒトのゲノム解析を競っていた時代は、こんな遺伝子ならこんな病気になると
いう説が主流でしたが、もうこの考え方は昔のものになっています。

この考え方を積極的に採用しているのが西洋の精神医学です。神経症になり
やすい遺伝子をもったヒトでも、病気にならないような生き方を研究する予防
医学に変化してきているのです。(レジリエンス医療)

占いで算出される命式やホロスコープ図の解読は、一昔前の時代の、ヒトの
ゲノム解析と同じようなレベルです。考え方が古いわけです。

命式やホロスコープ図で示される星の配置は、リスクを示していますし、
可能性も示してくれています。

リスクが発現するのも、可能性を発現するのも、ようは生き方次第ということ
なんですね。最新の遺伝子研究は、それを証明してくれました。

さて、実は四柱推命でいうと、印星というのは、
容易に精神疾患になる可能性
があるリスクをかかえている星です。

では、どういう生き方をすれば、印星のヒトは、精神疾患になるのでしょう?

■新作のDVDビデオセミナーを発売開始しました。

https://www.fsoft.co.jp/vtr/youtube1.htm

犯罪者の心理

悲惨な犯罪が次々に起こっています。拳銃を警察官から盗んだ男の父親は、大手テレビ会社の重役だった。男は、幻覚がみえるような神経症だったと言っている。

神経症だから犯罪を犯す。と専門家?は言う。

違う。

最初に 犯罪を犯すことを決断しているのだ。日ごろから、世間や親などに復習してやろうという思いをずっと持ち続けているのだ。自分がうまくいかない責任を他人に押しつけたいという決断を最初にしているのだ。

そう決断したら、言い訳がいる。その結果、精神病という病を創造できるのが人なんだ。

犯罪の言い訳に、精神病という病気を持ち出せない世論づくりが必要だ。

国会議員で、酒飲んだから ロシア人女性がいるバーに行きたいといって だだをこねた男がいた。酒のせいに責任を転嫁しているだけ。

女性のいる店に行きたいと決断したのが最初。

いいわけで 酒を使うだけ。

酒 薬 精神病 などを、犯罪の理由に使わせない世論が必要。

犯罪者は、復習をしたいのである。

その心情は、排除されていると感じているからだ。

世間は、つめたいし、批判的だからと思い込んでいる。自分から世間に奉仕しようと努力しないくせにね。治療法は、1つだけ。他人の幸せに関心をもたせるように、導くこと。学校教育の現場でも、こんな基本を教えないから、犯罪予備軍者が、これからもどんどん大人になっていく。

フォーチュンソフトのセミナーでは西洋では当たり前になっている犯罪心理学で、日本では解説されない内容についても、解説します。


遺族外来というテレビ番組に違和感

遺族外来の番組をテレビでみていて違和感がわいてきました。人間って、こんなにも弱いんだよ という洗脳をされている気持ちになりました。

自分の経験からいうと、愛する人を失ったばあい、うつ病になりました。どうしようもありません。抵抗できません。薬を飲むしかありませんが解決しません。アロマオイルとかも使いましたが・・・

しかし、そこであきらめるか 前に進むかで 人生って違ってきます。

おおくのうつ病患者と会ってきましたが皆 もう戦うことをあきらめています。

自分の場合は、前進することに決定。つまり、新しく愛する人を、探しました。日本ではさがせなかったので東南アジアまで出かけていって探しました。地球は広い、世界に1人くらい、自分と結婚してくれる若い女性がいるだろ!出会いがないのは自分の努力が足らないからだと、決断。

結果 新しい伴侶を得ることができました。おまけに、英語での会話になるので、英会話までできるようになってしまった。必死で1年間 勉強した成果です。受験勉強以来の、がり勉をしました。57歳からの勉強ですが、必死でやれば、なんとかなるものですね。

新しくできた愛する人と、温泉旅行 スキー旅行 海外旅行 家の草刈 まきわり そんなことをやっていると、昔の記憶はどんどん 上書きされていきます。だから、愛する人を失ったら 全力で次を探せ! これが自分の回答でした。

くよくよ 悩んでばかりいると、死にどんどん 近づきますよ。もう死んでもいいなら、そのままでいなさい。でも、生きたいなら、前進すべきでしょう。

上らない太陽はないのです。