人生で最後の買い場です

■六壬神課のファイナルバージョン 最終案内

2040年まで使えるファイナルバージョンです。現行のバージョンは昨年で使えなくなり、12年ぶりにバージョンアップをいたしました。

ところで、六壬神課(りくじんしんか)ってなあに?という人もいると思います。ビデオを作成したので、ご覧ください。

https://www.fsoft.co.jp/6jinpro/index.html

旧版をお持ちの方は、定価の約半額で購入ができます。(4月末まで)

■人生最後の株の買い場がやってきたぞ。

相場のお話しです。コロナウイルスの影響で世界が縮こまっている。それで、各国のトップが、景気対策と称して紙幣をバラまく準備をしている。しかし政府に紙幣を印刷する権利はなく、FRB 日銀などの民間企業である中央銀行が権利をもっている。今から100年前に、世界を金融で支配しようとしたユダヤ勢が作ったシステムです。学校では、そのシステムを資本主義と習いますが、その仕組みが破たんしかけています。金利と紙幣発行権を俺たちにくれ、つまらない政治はお前たちに任すと言いながら金がないと、政治家にもなれない仕組みが、ユダヤ人が作った資本主義です。自民党議員一人出すのに5億はかかると言われます。結局、スポンサーに忖度しないといけないのが政治家の宿命なんですね、安倍総理だって奥さんはある大企業のご令嬢ですし。

さて
中央銀行の意向などおかまいなしに、何百兆円といった紙幣をバラマクと各国のトップは言っている。リーマンショックのときもバラマキは同じだったが、今回は経済の現場への投入なので、意味合いはずいぶん違う。

さてこの動きをどう感じるか?

一つは、まともになったなあという印象。金融機関の救済ではないので。

二つは、中央銀行を政府が奪い返すという意思が見える。中央銀行が何と言おうと、やれという雰囲気。トランプの発言からそれは知ることができる。

三つは、大量のマネー供給はコロナウイルスが落ち着いたらバブルを引き起こす。

四つは、その結果 金利が上がるだろう。もしくは紙幣システムが変わるかもしれない。暗号通貨への切り替えかもしれない。

いづれにしても、これからの人類に必要な企業の株は、今年は買っておくべきでしょう。どのくらいの規模で買うか? 今年の年末になったら、現金が50万しかない というくらいで、ちょうどいい。

銀行預金の紙幣は、金融システムが変わったら、どうなるか分からない怖さを感じる。もうデザインが公開されている新紙幣1万円=旧紙幣10万円と交換なんてやるかもしれない。そんなの信じられないという人は、そのままでいたらいい。
戦後、政府がどれだけ国民の資産を強奪してきたか? 歴史を勉強することだ。今は、戦時中です。

いっぽうで、人類に必要な企業の価値は、上がるだけ。政府も、国を支える企業からは、強奪しない。飢えた国民を雇用し、給与を払い、世界で稼いでくれる企業をつぶすようなことはしない。

さて、あなたはどう考えるか? 自分が生きている間には、もうこんなチャンスはないだろう。ファイナンシャルインデペンデント(お金の心配から解放された人)の人生を目指す最後のチャンス到来だ。

六壬神課ソフトの発売

12年ぶりに、下記ソフトをバージョンアップしました。

■六壬神課・遁甲・易学プロ版 ファイナルバージョン

多くの熱心なお客さまから、今年になって六壬神課・遁甲・易学プロ版が使えないという指摘をいただいておりました。万年歴のソフトウエアの開発がとても難航していたのです。

2020年という年のある節気日、突然に奇門遁甲の局数が変化する日があるのです。通常は、陰遁と陽遁をあわせれば10になります。陰遁の8局なら陽遁の2局というぐあいです。陰遁と陽遁の切り替えは、夏至と冬至の瞬間です。ところが、あわせても10にならない日が何十年かに一度あるわけです。未来から逆に計算したリズムと過去から計算したリズムの矛盾をあわせる瞬間があるわけです。

旧版を開発した20年前は、奇門遁甲のこういった部分にこだわっていた専門家がいて万年暦も間違いのないものがありました。しかし、そういった方達が他界したためか、今の市販されている万年暦をみると、2020年のこの局数を正確に計算しているものが見当たらなかったのです。つまり信頼度に欠けるわけです。

こういった事情もあって、開発が難航していたのですが、やっと正確な万年歴が2040年の末まで開発ができたため、新バージョンをリリースすることができました。ファイナルバージョンとしたのは、私が20年後生きているかどうか?分からないからです。

後継者がいればいいのですが、占いのプロであり、ソフト開発のプロでもあるという人は見当たりません。両方のプロでなければ、ソフト開発は不可能です。

今回は、私をふくめ老眼の方でも見やすいように画面サイズと文字をすこし大きくしてあります。機能的なものは従来とほぼ同じです。

 みなさんが、あまり知らないことを少し説明しましょう。

 経営者にとって、実は一番人気なのが、このソフトの天源占星術の機能です。

今からもう百年も前になりますが、この天源を使う経営者の集団のようなものがあって、そこから頂いた資料をもとに開発した機能です。今では都市伝説のようになってしまいましたが、当時の経営者は人の本質を見抜くために相当の努力をしていたことがわかります。

この手法は、とてもシンプルですが、使い勝手がいいです。内容は、星平会海という四柱推命とホロスコープを融合した最高の運命学の簡易バージョンといっていいでしょう。四柱推命でいうところの日干支とホロスコープでいうところの星座と惑星の関係から占うことができます。百年も前の経営者達が、星平会海ともいえる理論を使っていたことは驚きです

■商品の詳細は、こちら
https://www.fsoft.co.jp/6jinpro/index.html