真実をみる目

最近は、真実を暴露したり 語ったりする書籍や教材が売れている。

やっと、もうそろそろ本当のことを言ってくれ! 国のリセットが必要だ

と大衆が思ってきたということで大歓迎である。

東京都の知事の選挙のとき、田母神さんが、若者には圧倒的に人気があった。

それを知っている政府は絶対に、選挙をWeb化しない。したら、若い連中が選挙に参加して負けるからだ。若い人たちは、感性が敏感だ。

歴史の真実もあばかれてきている。明治維新で、活躍した坂本龍馬が人気だが、なぜ、あんな民間人の若造が幕府に反抗するだけの巨大な軍事設備を用意できたのか?そこには、金を出したやつがいるだろ。それは、だれだ?

明治維新以降 日本は 70年間も、戦争 戦争で、多くの若者が死んだ。

明治以前は、戦争がない平和な時代が何百年も継続したというのに。

そのキャッチコピーが 富国強兵 文明開化 であったが、欧米文化の押しつけだ。

欧米のほうが、優れている? いやいや あんな野蛮な連中が日本人のDNAより優れているわけない。イギリスのやり方をみてみるといい。

アヘンを使って、中国を、ボロボロにしただろ。大英帝国は、インドで栽培したアヘンがその資金源だった。

時代は変わってアヘンで支配できないと思ったら、金融で世界を支配してきた。タックスヘイブンだの、ヘッジファンドだの、金融工学を発明して、汗を流さずに、パソコンたたいて、金もうけする仕組みを作ったのも、イギリスだ。アメリカは、その主演男優だ。

その胴元のイギリスが、また、動いている。EUからの離脱とか、タックスヘイブンを許さないとか、言い出している。

ということは、次なる支配の道具を準備したというわけだ。

こういう目をもつと、長期投資は楽に勝てる。

占いに関しても真実が見えてくる。今までの理論の最終目的がどこに設置されているのか?をみれば、理論に振り回されることはなくなるだろう。理論を長くやっていると、間違いなく運を悪くする。

運命学は勉強するな

日本人はまじめです。

運命学の本も、難解な理論のやまもりで、それを学習することが運命学の習得だと思っています。

これって 勘違いです。

英語がうまくなって 外国人と会話したいのに、英語を勉強してもうまくならないでしょ。

私の妻は外国人なので、これに悩みました。

勉強じゃ英語はうまくならない。

トレーニングなんです。必要なのは。

最小限のことを覚えたら 実践あるのみ。

ネイテイブは、理解してくれますから。

話が通じたときの喜びは、このうえもなくうれしいものです。

運命学もおなじ。

星の意味を覚えたら 実践あるのみ。

難解な理論を、マスターしても 実際の診断はできないでしょう。

まあ 数百万の書籍代と謝礼を払って 勉強してしまった私が言うのも おかしいですが

こんなに勉強しても、実践では使えないものばかりでした。

どんどん 実践していくしかないのです。

実践のしかたは、トレーニングだと思うことです。

たとえば、中曽根元総理をみていて、十干わかりますか?

あきらかに、あの雰囲気は、甲 なんです。

カルロスゴーンさんをみていて、わかりますか?

甲 そのものなんです。

これが トレーニング。

理論をやるから、診断できない人が多いです。

甲は大樹 なんてやっていたら 百年かかっても、無理ですよ 生きている人間を診断するのは。

 

格差社会

格差社会に 生き残るためには ある一点の思考の転換が必要だ

わたしは 長期投資をはじめて 15年になるが 将来は ファイナンシャルフリーになる自信ができたきたのだ。

簡単なことです。2008年のサブプライムショック リーマンショック ギリシアショックなんとかショックの連続で みんなが株なんか 売れ売れといっているときに、株を買ったからだ。

金があるから 買えたんだろ?

みんなそういう。

いやいや。今 私は無保険だ。おまけに無預金だ。3ヶ月の生活しかできない金しかもっていない。すべてが株でもっているからだ。金がいるときは、株を売っている。

すべての保険 や 定期預金 を解約したからだ。それで株を買った。

2008年には 家も売った。すべての資産を現金にして 株を買ったのだ。

株は、お金がないから買えない? いやいや 買いたくないだけです。

だって 保険もはいっているでしょ。家もあるでしょ。

積み立てもしているでしょ。

預金もあるでしょ。最低 100万くらいは。

ようは、マインドが株を買いたくないと言っているだけ。

どんな株を買ったらいいのか分からない。勉強いていないから。

いやいやこれもいいわけ。

北海道なら、トヨタ車 と ブリジストンのタイヤ性能は、みんなが信じている。

冬に死にたくないなら ブリジストンのタイヤ だと皆いう。

だったら、ブリジストンのタイヤの株 買ったらいいとわかるでしょ。

生活のなかに、もう答えは満ちているんだ。

でも それでも こわがってなにもしない人は まあ そういう人は、それでいい。おさきに失礼します。ということだ。

しかしだ。

現状のままズルズル行ってしまうと、社会的格差は加速しながら広がっていく。

いま生活に苦しい人はますます追い込まれていく。

国も、財政破たんへの道を突き進んでいる。

生活保護も年金も、あやしい。

いつかは戦後と同じような状況に放り出されることになるのかも。

早く脱出しようとマインドを決めた人だけが、豊かな将来を生きるのだろう。

わたしは、そんな人のお手伝いをしたい。

マインドが決まらない人は、お先にごめんです。

数字の秘密

数字には意味があります。これを「数霊」といいますが、これを応用したものが「カバラ数」であり、「姓名判断」であり、「数秘術」なのです。

Being、God、私はあってあるもの、光、光が回転して出発の時。

愛情、感情、心情が熱くなるような構想、夫婦を意味する。

心情の良し悪しによって○ にもなるし X にもなる。

1+1+1という意味。心情と智恵と意思を意味する。完成した男性を意味する。

2+2 という意味。2を増殖するという意味。家庭(先祖・夫・母・子供)を意味する。

家庭心情の良し悪しによって○ にもなるし X にもなる。

1+4 という意味。家庭を意味する4数とGodを意味する1の加算。

家庭心情の良し悪しによって○ にもなるし △ にもなる。

3+3 という意味。完成した男性の増殖。
2+2+2 という意味。夫婦の増殖。

人間の良し悪しによって○ にもなるし X にもなる。

安息日

2+2+2+2 という意味。妻の「おじいさん」と「おばあさん」。夫の「おじいさん」と「おばあさん」。一族の発展。

人間の良し悪しによって○ にもなるし X にもなる。

3+3+3 という意味。完成した男性がさらに増殖。民族へと発展。

増殖の良し悪しによって○ にもなるし X にもなる。

10

1と0 始めに戻る。宇宙を意味する。

 

理想の配偶者を探す方法

■理想の配偶者を探す方法


優先順位としては
1.宿曜経で栄親の関係であること。
2.四柱推命の十干が干合の配合であること。(ただし男性の陰干、女性の陽干の場合は、これに限らない)
3.紫薇斗数推命数の命宮の配合が良いこと。
4.四柱推命の十二運星(性的特性)の配合が良いこと。
5.四柱推命の通変星(行動特性)の配合が良いこと。
という順番になります。

相性全体を100点とすると、
1と2で、70点を占めます。3で20点を占めます。4と5で10点を占めます。ですから、1と2を無視した状態で、4と5をいくら詳細に診断しても意味がないのです。

 

と理論的にはなってしまいますが、現実は、惚れた相手なら、なんとかなるものです。

相手が、自立した精神をもっていて、依存心がなければという前提がありますが。

 

結婚それは最大の開運術、しかし現実は?

■結婚それは最大の開運術、しかし現実は?


フォーチュンソフトでは、25年以上にわたって、色々な家庭を観察し、相性の良い夫婦とはどういった組み合わせなのか?を研究してきました。相性が良いと言っても、ではその定義は何なのか?と質問されれば、明確に回答できる人は、あまりいないでしょう。結婚相談所において、アドバイザー的に相性を指導することが多いのですが、現実的にどうしても、収入や学歴の方を重視してしまう傾向があることは否定できません。

しかし、そういったことを重視した方が、結婚後20年もすると、収入や学歴を重視して、配偶者を選択したことを後悔しているのも事実なのです。結婚は、神様が人間に与えた最大の開運の秘法なのですから、見た目や収入を重視して、配偶者を選ぶことは大変に危険であり、残念なことでもあります。

運命学的に、相性を4つの項目で分析することができます。

人柄の相性、精神面の相性、能力面の相性、肉体的な相性です。このうち、人柄の相性、精神面の相性が相性を決定する2大項目と言えます。結婚すれば、子供が生まれ、お互いの両親とのつきあいや、親族とのつきあいなど2人だけの問題では済まない現実問題が多数発生してきます。そういった時、最も頼りになり、最も信頼できる相手が配偶者なのですから、見た目や経済面だけで、配偶者を選ぶことを避け、生涯の伴侶として、精神的に、人柄的に良い相性かどうかを判断して頂ければ幸いです。

最後に結論ですが、もって生まれた命式を活用している人は、買いです。

命式の良し悪しではないのです。

 

国が副業を後押しするわけ

これまでは大企業のサラリーマンなら副業していれば、解雇になっていた。

しかし、国が、ここにきて、積極的に副業をみとめる方針に転換した。

大企業も、零細企業も、副業を後押しするのである。

これって、近い将来に、給与がもらえなくなっても困らない状態をつくっておきなさい!

つまり、これから、3年後、とんでもない経済状況に日本はなるから、会社も国も当てにならないよ!

というお上の声に聞こえないか?

占い師って、人生経験がいきる職業だから、中高年にはうってうつけである。

当社のソフトと書籍を使えば、1年で、そのへんの占い師をこえるノウハウが習得できます。

 

離婚相談で最近多いケース

45歳のキャリアウーマンからの離婚相談があった。

バリバリの経営者である。

夫は、15歳年下である。

離婚したいという相談だったが、会った瞬間に、ああ、この人はこれから開運すると分かった。

もう決断をしているのである。

で、何をもう決断されましたか?と聞くと

離婚の時期です。離婚の書類は、もう書いて夫のサインももらっています。

提出するタイミングを知りたいという相談だった。

タイミングに関しては、ノウハウがあるので、ここでは、あえて述べない。

離婚の動機を聞いてみると、

夫とは生きるステージが違うのです。と言う。

どうしても、一緒に生活したくないという感情しかわいてこない、と言う。

生きるステージが違う人とは、愛を感じないし結婚できない。という女性が最近は多い。

これは、よく分かる。自分が離婚した動機も、そうだからだ。

それで自分の離婚の話をしたら、それで、納得して帰っていかれた。

1週間後、離婚届けを出してから、元夫を鑑定して欲しいと言って連れてこられた。

少しお話して、これは、話してもダメだ。と思って、彼女にアイコンタクト。

彼女も、やっぱりそうですよね。彼は、生まれ変わらないと、ダメですよね。

とあとから、メールを送ってきた。