女性は愛したい生き物

女性は愛したい生き物

男性は愛されたい生き物

これを理解していない人が多い。

戦国時代では、愛の器の大きい女性は、敵に嫁いでも幸せになれたのです。敵である夫を愛する能力があったからです。男は女から愛されれば、敵の将の妹だろうが娘だろうが、関係なくハッピーになれる単純な生き物です。

事例をあげましょう。

織田信長の妹で絶世の美人といわれた お市。政略結婚で近江の浅井長政に嫁いだ。しかし、長政とはとても仲がよくて、5人の子宝にも恵まれた。兄の信長の戦争にまきこまれ、夫は戦死。そして、お市は信長の家臣である柴田勝家のもとに嫁がされたが、お市の3人の娘を大切に育てお市も幸せだった。

愛の器が大きい女性とは具体的には、
1.細かい気配りができる、
2.日々の疲れをいやしてくれる優しさと母性、
3.家庭的なかわいらしさ です。

最近の日本人女性は、頭がよくて、きれいです。が、優しい女性は少なくなったと思います。母性を感じさせる女性が減ってきたようです。彼女にはいいけど、嫁さんには・・・

こんな愛の器の大きい女性が30歳を超えて独身なんて絶対にありえません。いい男を選んで一緒になっています。

中高年の男性が若い女性と結婚しようと思ったら、日本人はも無理でしょう。でも外国人ならなんとかなりますよ。筆者も年齢差25歳ですが、妻から愛されています。女は愛したい生き物だから、愛したくなるように、面倒をみてあげれば、ハンサムでなくでも、はげでも、でぶでも、ちびでもなんとかなります。最初は、金で、若い奥さんを買ってきたという気持ちになりますが、半年もすれば、伴侶になります。

あきらめないで、結婚に挑戦してみませんか? 筆者が結婚までサポートいたします。