専門家という言葉が頻繁に使用されるが?

テレビやネットをみていて やたらに専門家という言葉が聞こえてくる。

が、みたところ、本当の専門家は、1%もいないと感じる。99%は評論家だ。評論家の仕事は、なにか適当にしゃべって時間を稼ぐことだ。しゃべってくれている間は、テレビ番組としては創造的なものを視聴者に提供するという仕事を休めるから、テレビ番組を作る側も適当にしゃべれる評論家を使いたがる。内容なんて、どうでもいいんだ。耳ざわりが良ければそれでいい。

24時間 そのことばかりを考えて実践し、改良を続けて30年くらいの人がもっている本物の専門家オーラを漂わせている人って、まず、みかけない。テレビなんかには、出ないんだろう。

投資の専門家? 2009年のリーマンショックのときに、株買ったのか? と質問してみればいい。買った人は、まず、テレビなんかには、出ないから。相当の利益を出しているので、自分の事業拡大や新規の投資や、社会貢献に毎日 一生懸命のはずだ。

世界一の投資家のバフェット氏いわく、自分は相場の未来を当てることができる、なんていうやつがいたら、全速で立ち去れ。災難に遭遇するから。と言っている。

政治の専門家? 任期が4年や8年で期限がきれる、政治ってなあに? 国家の30年先をみて今を生きている連中ではないだろ。ところが、起業家や企業経営者は違う。30年先までみて、今を生きている。だから、起業家のほうが、頭がよく回っている。政治家は、頭回っていないんだ。

海外に工場たてて、従業員を採用し、部品会社を育成し、作ったものを販売するとなれば、30年先のことくらいは、ふつうに計画するものだ。カントリリスクの予知、文化の違いの吸収、現地ニーズの理解、やることは、やまほどだ。だから、地頭が鍛えられる。

いっぽうで政治家は期限が切れるのを恐れて(給与がゼロになるのを恐れて)、立ち回っているだけ。今の国会なんて、だれかがだれかを非難するだけの場所になっている。国の将来を決める議論なんてだれもやりたがらない。

海外からみた場合、最大の日本の問題は、フクシマだ。いまだに放射能を垂れ流し続けていて、太平洋に垂れ流している。革新的技術が要求される事案だが、いっこうに、そんな雰囲気はない。元素転換を発明した会社に、1兆円賞金をあげるなんていう構想があってもいい。放射能汚染を解決できれば、これは日本の国家産業になりえる。税金で飯くっているいろいろなゾンビ法人をすこし整理すれば、これくらいの金あるだろうに。

いつの時代も、投資家と起業家が 新しい世の中をつくっていく。政治ではない。

中高年になったら、若い起業家を育てていくか、自分で起業するか、そういう実力がないなら、投資家として、自分のお金を、回してお金に働いてもらうか、そんな生き方をしたい。

年金を当てにして、おとなしくなにもしない生活なんて・・・

さて運命学も同じような状態だ。人の診断をするのが運命学だろ。でも実際の運命学の専門家という人達の多くは、生きている人間の実際の生活を観察することはないんだ。理論を言うが、理論は机上でいくらでも開発できてしまうのが運命学だ。

自分だって、数百の未来予知理論を作れと言われれば、簡単にできる。人の性格診断理論を千通り作れと言われれば、簡単にできる。

実際の人を観察しない机上の理論なんて、頭でっかちの作業だが、簡単なんだ。

現実の人間の観察は、そうはいかない。結婚前、結婚後、子育て中、子育て完了後、こういう数十年を観察して 奥底に流れているものをつかまないと、人の診断なんてできない。

こういう作業をやっていると、市販の本なんて、なんの役にも立たないことが分かってくる。

 

外国人が感動する日本人とは?

外国人が感動する日本人の働く姿。テレビをみていてタイの妻が驚くのは70歳になっても80歳になっても働く日本人の姿です。年金もらえるのになぜ? おじいちゃんが金じゃなく孫にこずかいあげたいから働いているんだという言葉にびっくり。タイでは老人は若い人にたかるのが常識だから。日本人は死ぬまで働いて若い人にお金を残そうとする。この姿勢に外国人は感動するようです。年金もらってお金をつかわずに、ただただ生きている年寄りでは、感動させることはできません。

長期投資のマインドって、ここに根源があります。自分の年金のために、投資をするという動機で始めるのが多いものですが、それができてしまうと、若い人にお金を使いたくなるのです。こういうマインドになれる人たちは、とても、幸せです。思い残すことなく、きれいに、地球生活をまっとうして、あの世にいけるからです。

若い人が元気で楽しく暮らせる国づくり、そのチャンスはやってきていますよ。長期投資の観点からみるとね。今はバブルの初期段階です。買ってはいけませんよ。

奇門遁甲も使い方次第

だいだい 占いの理論って、80%は 凶になるように設計されているんだ。

だから本に書いてある通りの理論を、信じてしまったら、もう開運なんて無理。

20016年8月20日 東南アジアで私は、結婚式をした。

そのときの、日本からみた南東の盤は下のとおり、天地同干である。

丙がふたつ。口の悪い占い師であれば、夫が二人いるなんていうでしょう。

ソフトウエアでも次のようになっています。

『 天盤と地盤の関係から吉凶の概要を判断します。ここが決めてとなります。』
<南東> ×
太陽が天に2つあるように、強引に策略もなく物事を強引に進め、損失があります。

『 該当する奇門遁甲40格の凶格を説明します。参考程度に見ます。』
■年悖格:上下関係の乱れが起こりやすい。
■辛の伏吟:凶の作用は弱い。周りが見えなくなり、一つのことをやりすぎます。
■天輔と杜門の伏吟:凶の作用は弱い。世間から引っ込んでしまい、活動、行動が停止します。

 

さて、この古典的解釈を読んでそうなんだと 思っている人は、開運できない。与えられた日 環境を、感謝して吉にするのが、人間らしい生き方だろう。

丙二つ だから 強引に結婚をすすめよう。年齢差が 24歳。だから 彼女はどう私とつきあっていいのか?わからないと、怖がっていた。だから、なに?強引に I need you. I want you. と押してすすめよう。まわりの賛成?そんなものはいらないよ。周りが見えてない?いいじゃないか、それくらい集中して一人の女を追いかける経験ができるのは、幸せじゃないか。57歳にもなって、恋に狂うことができるなんて、なんとも幸せじゃないか。

式が終わったら 新婚旅行だった。はじめてのモルデイブだった。こんな経験も、若い彼女だからこそ、できたことが。

あれから8か月が経過して、彼女は日本に定住してくれた。

こんな内容をDVD化しました。

ずるい人はお金もちになれません

Ninety-eight out of 100 of the rich men in America are honest. That is why they are rich.

アメリカのお金持ちの98%は正直であるという ことです。

これって、本当です。

よく金もうけがうまいね~ とか言うけど それを言っている人って、ずるい人です。ずるい人って、他人もずるく見えてしまう。

私が経験したところでは、ずるい人ほど 貧乏です。

 

投資って人柄が出るんです

リーマンショックのときに、保有していた不動産を全部売って現金にして、
それで日本を代表する製造業の株を買いまくった。
あのときは、もちろん、無一文になる覚悟だった。

新聞もテレビも、大衆を、脅かすだけで、参考にならない。

みんな怖がって こんなときに、株を買うなんてクレイジーだと言われた。

あれから8年、気が付けば 株の価値は、倍増していた。

40銘柄のうち 39銘柄で利益を出している。

2005年からはじめた投資、最初は、毎日のように売り買いをやってみた。

結果、24時間 寝れない日が続いた。やっている人は、これわかるでしょ。

そんな生活に嫌気がさして、長期投資を初めて、いまは 体でリズムがわかる。

今年は、買わない。ちょっとづつ 売っている。
今まで売ってこなかったからね。

8年間も、ずっと、保有してきたからね。

何年かしたら、バブル気味になるけど、そのあとが、暴落が待っているよ。

このときが 資産を、倍増ではなく 数倍にする最後のチャンスかな。

来年か 4年先か わからないけど、体が、それを知っているよ。

だから、株を売っても、キャッシュを使うことはない。ただ、弾薬を貯めこんでいるだけです。来年か 3年先か、また 死ぬ気で、株を買うときが、来るからね。

でも次回は、もうちょっと、気楽に買えるかな。

この体で覚えてしまったリズム だれに話しても 伝わりません。

理屈じゃないんです。

理屈は安く買って 高く売れ! これだけ。

これ以外 なにかある?

あったらおしえて。

みんなが売るから 安くなる。

みんなが買うから、高くなる。

だったら、365日 みんなと違う生活をしておかないと

いざというとき、体が動かないんですね。

投資のときだけ うまくやろう? そんなふうに、人間って、設計されていないんですね。

365日 体と感性 を、研ぎ澄ませておかないと 対応できないんです。

だから、はっきりいって 理論は、どんなにやっても投資では勝てない。

どうせ、体がうごかないんだから。

占いの勉強も同じなんですね~

これを伝えたくて 最近はセミナーの手法も変えています。

知っているだけじゃ 人生 ますます 悪くなるだけなんです。