国に責任を持ってみよう

北海道知事選で、石川氏が立候補して、北海道を独立させるなんてことを言ったら、北海道が国から見捨てられて貧乏になると言って大騒ぎしている???

こまったものです。

石川氏が? いいえ そういった反応をする大衆がです。

国に甘えている。依存している。国からお金をとってくるだけの発想しかない。国にお金をあげる発想がない。自立できていなんだ。金がもう国にないのは自明。そんな国に甘えて、ゆでガエル状態のままでいたいわけだ。

世界がかかえる問題の最先端を走っているのが日本です。高齢化、移民なしじゃ産業がなりたたない、新しい産業がでてこない、元気がない、医療費だけが増大していく、年金くらしのじじばばが増える、介護が追いつかない。なにをやっても、高コスト。その原因の1つは、既得権だ。

新しいエネルギーがでてきて、例えば電気代が 十分の一くらいになったら、いっせいにいろんなものがひっくり返って元気になるような気がします。

うちのような馬3頭を飼っている家でも、電気代は、数万円くらいになります。冬はお湯を使いますから。ヒーターもね。十勝の酪農の農家なら、毎月の電気代 二十万くらいにはなるでしょう。灯油や軽油代も、何十万円です。

これが、革新的な技術で1/10になれば、雰囲気が違ってくる。

そんな技術の種は、ある。既得権に邪魔されて 闇に葬られたものがあるはず。既得権からはずれて、北海道が独立すれば、そんな技術が集まってくるかもしれない。規制規制で、やる気をそがれた企業が集まってくるかもしれない。医療だって、最先端のものが導入できるかもしれない。もちろん、そういったものを利用するのはリスクを伴うが、リスク覚悟で治療を受けたい人が集まってくる。自分の父親は脳梗塞で、アメリカでやっている治験の薬(日本の企業が発明)を使いたがっているが、日本では使えない。もう88歳。リスク覚悟はできている。治験で失敗して死亡してもかまわない覚悟だ。体が麻痺したまま寝たきりで生かされるくらいなら、リスクをとりたいということだ。戦中生まれは、潔い。

いろんな意味で、いまの日本の既得権から解放され、規制を緩和するようなことをするだけで、すぐれた技術と人と企業が集まってくる可能性は大だ。

国に責任をもっている人なら、それくらいは想像するだろう。

北海道は独立するといったら、国から捨てられるという被害者意識をもった人は、国に責任をもつという意識がないんだろう。

さて 本題である。

どんな意識で、占いを使うか?

それで、結果が変わってきます。自分の可能性を大きくする、自分が責任をもてる範囲を大きくしていく、そんな意識で使うと、武器になります。才能が開花するのが見えてきます。
国に依存しているような意識じゃ、占いを使ったって、結果は見えています。開運できません。

もう批判はやめよう。自分で問題を解決する人になろう。自分がリーダーになろう。自分が、国を守る人になろう。自分の影響力を大きくしていこう。裁くのは無責任な他人に任せよう。日を照らす人になろう。他人の欠点を裁かない人になろう

神を否定した心理学

ちょっと前の古い心理学って、どんな人を対象にして研究されていたのか?知ってますか?

精神異常者、ノイローゼ者、ハクチ 犬 馬などなんですね。

だから、古い心理学は、理論的だけど、おかしいのです。

わかるかな? 理論的なんですよ。異常者って・・・

しんじれられないくらい、理屈を言う。でも変なんです。経験者ならわかるでしょう。私は、嫌というほど、前妻で経験してしまったから、身にしみている。

そんな時代の心理学の集大成が 人格は下の3つで、決定されるという結論だ。

1.遺伝
  親がおかしければ、子供もおかしい。

2.幼いときの家庭環境
  親から虐待うければ、子供はおかしくなる。

3.今の環境
  上司からパワハラされれば、おかしくなる。

簡単にいえば、こういうことだ。

この恐ろしい結論の 欠点があなたには見えるか?

神が人間に与えた 一番重要な、人間だけがもっているあるものを、完全に無視した、理屈なんだよ。

まるで、犬猫と同じ扱いなんだ。古い心理学って、おかしいけど、形をかえて、いまでもビジネス書になってますよ。

今の占いも、似たり寄ったりだ。

人生のプログラムは、自分で書くものであって、決まっているのではない。動物は、これができない。今の占いって、犬猫相手のような、理屈の集合体なんですよ。

self-awareness がキーワード。

自力で、自分の人生を書き換えたいなら、この本を読むべきです。

人生って決まっている、それが運命だなんて、思っている人は、それを信じていてください。

運のいい人って、徐々に自分が影響できる範囲を広げて行っていっています。最初は、家族、そのうち、業界団体、そのうち、国レベルまで・・・・

どこまで、自分を向上させられるかは、当人の責任であって、最初から決まっているものではないです。

独立できていない経営者達

本当に心が独立している人は少ないのです。意外かもしれませんが、中小企業の経営者の多くは心が独立できていません。
心が独立できているということは、他人の弱さ、他人の感情、他人の言動に自分が影響されないということなんです。

もしうちの従業員は、やる気がなくて・・・仕事ができなくて・・・・頭がまわらなくて・・・なんて不満を言っているようでは、独立できていないのです。

じゃあさっさと首にしたらと言っても、もともと少ない従業員なので、人が減ることを恐れているんですね。

最近の若いのは、いっしょだよ、楽してお金欲しい奴ばっかりだから・・・と文句を言います。

じゃあ、全員解雇して、一人社長ならいいのか?というと、これも独立できていない人が多い。下請けのだれそれがいい加減だとか、外注しただれそれが、仕事をちゃんとやらないとか批判ばかりしています。

つまり、他人の感情や弱さに影響されてしまっているんですね。

自分の経営者としての魅力のなさが原因だとは考えない。その無責任さは、まだ幼い子供と同じで、依存心が強い状態なんですね。大人になっていない。独立できていないんです。そんな人の価値観は、やっぱり未熟なんですね。

未熟な人の言葉を聞いてみてください。主語は、YOU ですから。YOUが悪い。YOUが馬鹿。

成熟した人の言葉は、主語が I です。すべて自分に責任がありますという言動です。

身近に、成熟した大人がいれば、子供は学べます。しかし
政治家も総理大臣も、主語は YOU ばかりだから、お手本になる大人が、テレビをみていてもいない。

独立していない人は、他人をうまくあやつることばかり考えていて、自分が得することばかり考えているから、顔がいやしくなっていく。中高年からは顔はそうなっていく。

自分のもっている才能を認めて 誉めて 育成していけば だれでも、安定した心を得ることができ、私的成功はできるようになっているのにね。

本当の意味で、自分の価値を知らないから、独立できていないんでしょうね。

明石市長について思うこと

冷ややかなムードが日本をおおっているようです。メデイアは明石市長の発言の一部をとりあげ、ケシカランと騒いでいます。めずらしい熱血漢の市長のようですね。私は、だまって音声を録音してメデイアに公開した職員のほうに、関心がいってしまいます。あの市長なら管理職として欲しがる会社はたくさんあるでしょうから。(いい顔してます!)

しかし黙って音声を録画して公開したあの職員は、これから、職場でどう思われるでしょうか?こそこそと裏でなにをやるかわからない卑劣な奴というふうに見られるわけですから、周囲から信頼されるでしょうか?

私が、心配になるのは市長ではなく、職員のほうです。

■主体的に積極的に生きるということ

最先端の西洋の心理学では、主体的な人とは?を、自分の価値観に従って生きる人と定義されています。さて、ここで勘違いしやすいのですが、この価値観というのは、天が自分に与えた価値観なんですね。自分以外のだれかから教えられたようなもの、メデイアが紹介しているようなものではないのです。

ちょっと事例を出してみましょう。今の日本が元気がないのは、政治が悪いからだと言う人は、主体的な人でしょうか? 答えはNOです。問題は、すべて自分の内にあると考え、すこしでも日本を元気にするために、自分の使命は何か?と考える人が主体的な人なのであって、原因を自分以外の人になすりつける人は主体的ではないのです。

自分の使命をもって生きている人の価値観は安定していて、なにがあっても気分を他人から害されることがありません。少々いじめられてもです。

いっぽうで主体的でない人は、問題は自分以外の外にあると考えて、日本の元気がないのは政治が悪いとか官僚が悪いと文句を言います。こういう人は、気分は他人によって決定されてしまいます。だから不機嫌だったり、上機嫌
だったり、不安定なんですね。

昔から中高年は顔に責任を持てと言われています。主体的な人は顔が輝いてますが、そうでない人はいやらしい感じがします。(妬み、嫉妬、あきらめ)

占いで分かるのは天が与えてくれた価値観です。これは四柱推命の通変星でわかります。たとえば、正官なら「偉大なものに従う心」です。教科書にはサラリーマンが向くと書いてありますが、尊敬できない社長や上司のいる会
社なんてさっさとケンカして辞めるのが正官なんですね。そして、自分の信じる偉大なもの(目に見えないものも含む)に従って生きていくのが正官なんです。筆者も正官がありますが、占いの神様から日本を元気にする占いを普及させろと言う声が聞こえるので、それに従っているわけです。

若い頃は尊敬できない会社はなんども辞表をたたきつけて退職したものです。

主体的に生きていない人の正官は、死んで腐敗していますから、自分勝手だったり、臆病だったり、こびへつらったりして生きています。しかし、これは、占いで決定されるものではなく、当人の選択の結果です。

なんでもかんても、うまくいかない原因を自分の占いの命式のせいにしていると、命式から反逆されます。とてつもない試練がやってきます。

下記は 「新しいパラダイムの占いへ招待する書籍」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   占い心理学 ハピネス四柱推命・占星学 
   ~新運命学概論~

  定価 27,800円 新発売 発売キャンペーン中!

 https://www.fsoft.co.jp/BookHappiurana/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━