損得思考が貧しさを引き寄せる

ある人からこんな自慢話を聞いた。

数年前から白内障をわずらっていて、手術をそのうちしなければならないとわかっていて、保険に加入した。最先端医療つきの保険だ。病歴を隠してだ。保険会社の営業マンは、喜んで自宅をおとづれて契約をした。

契約をして1年後 最先端の目に人工的なレンズをいれる白内障の手術をすることになった。なんでも、老眼や近眼もこれで治るんだとか。見積もりは、数十万円以上。それを契約している保険を適用して 自分の懐を痛めないで手術をやれると自慢していた。

俺は頭いいだろ あんたもやりなよ、と勧められた。保険会社の担当営業マンは、面白くない顔をしていたと笑っていた。

さて、このブログの読者はどう思うか? こういうのを頭がいいのだと思うんなら そういう人はやったらいい。しかし、自分は、やらない。

まず、保険という保険は、50歳ですべて解約してある。子供が一人前になったからだ。必要ない。また万が一病気になったらいけないからという恐れで保険に入ると、その通りに万が一のことを引き寄せてしまうからだ。だから、万が一のことを引き寄せないために保険は入らない。自分の健康管理に保険は不要。ドイツから波動測定器をいれて、それで健康管理をしている。

つぎに、保険会社を利用しようという「ずるい気持ち」があると、運が下がるからやらない。保険会社をだましてやろうという気持ちがあると、もっとずるい奴から騙されるようになっている。それが宇宙の仕組みだから、逃げようもない。利用してやろうという気持ちがあると、やっぱりそんな人を引き寄せてしまう。

実際彼は、なんどもビジネスで騙されたと嘆いているが、それは人をうまく使ってやろうとしているずるい自分が引き寄せているだけである。昔から言う、キツネつきの状態だ。

自分なら、見積もりが 数十万なら、きもちよく 感謝して、自腹で医者に支払う。お金がなくてもそうする。なぜか? もし自分が富裕層なら、気持ちよくお金を払うだろうと思うからだ。何事も気持ちからスタートするのが、宇宙のシステムだ。気持ちが富裕層のつもりで、お金を大切に、気持ちよく、価値あるものに使っていくと、国のために使っていくと、本当にお金が入ってくるようになる。

心が貧しいと 中高年になったら、本当に貧しくなる。

彼は若い頃 事業に成功して億万長者だったが、今は貧しい。億万長者だったころに、気持ちを変えないといけなかったのに、その頃から気持ちが貧しかった。だから、何十年も経過して その気持ちにふさわしい現実を引き寄せたわけだ。

彼はそう思わない。今の現実がおかしい。昔のはぶりが良かった頃が正しいと思っている。過去の記憶を再生しているだけの生き方だ。今の現実を見ないんだから。今 彼は借金して、ベンツに乗っている。過去のはぶりが良かった頃が正しいと思っているからだ。

これじゃインスピレーションもなにも降りてこない。楽しくない人生だ。

人生の選び方は2つある、

1.過去の記憶を再生する人・・・文句ばかりの生き方だよ

2.インスピレーションで生きる人・・・ワクワクするよ

戦争を阻止したいトランプ

>トルコのエルドアン大統領は17日、首都アンカラで、同国を訪問した米国のペンス副大統領と会談し、シリア北部でのトルコ軍の作戦を120時間(5日間)停止することで合意した。ペンス氏が会談後の記者会見で明らかにした。トランプ米大統領がシリア北部からの米兵撤退を決断したことを受け、トルコ軍が同地域を実効支配していたクルド勢力への軍事作戦を開始。シリア情勢の一段の混乱が懸念され、国際社会の批判を招いた。

この記事を読んでどう思うか?

トランプ大統領が戦争を防いでいるのです。戦争をしたいのは、戦争経済で利益を出したい連中。具体的には 左派ユダヤ ネオコンとよばれる連中。かれらが、今までの大きな戦争をしかけてきた。太平洋戦争もそうです。ユダヤ人大統領 ルーズベルト が太平洋戦争をしかけた張本人であることはもうばれています。

もうこういったやり方は、やらないと言っているのがトランプなんですね。オバマまでのアメリカとは違うんですね。オバマ大統領までは、左派ユダヤに支配されてきたのがアメリカの歴史。いつからそうなったか?といえば、FRBを創立した1913年頃から。

トランプは アメリカファーストというが、そのあとで、必ず 各国ファーストとも言っています。つまり 各国のリーダーは、自国民のために、働けと言っているのである。

トルコは、NATOの一員である。しかしEUの一員ではない。NATOのメンバーが戦争をスタートさせると他の国も行動を起こすしかない。

しかしEUから英国が離脱すると、アメリカとイギリスが戦争に関わらないと 言っているのと同じになってしまう。そう もう世界の構図は変わってきているんですよ。戦争で利を得てきた連中は、これから消滅していくのでしょう。

台風は東京に来ないといけないワケ

大嘗祭が11月の末に行われますが、これはとても霊的でスピリチュアルな儀式であり、天皇以外はその内容を知ることはできない儀式です。世間的には新天皇に変わって令和時代になっていますが、この大嘗祭が本当の意味で新天皇の誕生日になるのです。

この儀式の日程にあわせてバチカンのローマ法王が日本になぜがきます。

霊的であり、スピリチュアルな儀式であるがゆえに、東京のど真ん中にある皇居という場所は 神聖な儀式になりにくい環境になっているのかもしれません。

とくに、エレクトロニックスモッグといわれる電磁波公害が都心はものすごいと予想されます。

私が使っている波動測定器も、都内で使うときは、電磁波公害をきれいになくす装置を部屋に設置しないとうまく使えないという問題があります。

霊的現象は、微細な量子力学でいう振動であり波動です。

その大嘗祭にあわせて、エレクトロニックスモッグを掃除しないとなりません。それが、台風なのかもしれませんね。

今年最大のポイントは、大嘗祭です。

気が付いていますか?

左翼に支配されたNHK メデイアは、こういった内容一切を報道しませんが、3000年も続いてきた伝統行事は、左翼の連中にとっては、邪魔なんでしょう。