生物学を無視した占いはダメ

運命学 占い って人を診断する学問でしょ。
じゃあ 人 って どんなふうに設計されているの?
生物学的に 研究するとおもしろい。
どうしてかって?
いままでの 占いが生物学的に間違っていることが分かるからですよ。

ハッキリ言って 今までの占いをやっても、開運はしない。
断言しよう。

なぜかって?

生物学的に間違っているからです。

人は、柔軟であり、人生を創造でき、生き方を変えられ、なんにでも変化することができる よう設計されているのに、星が運命を決定するといった「宿命論」は、それを妨害するからだ。

フォーチュンソフトの ソフトと書籍で、新しい自分を創造していこう。

星があなたを創造するのではない

■食は血となり血は肉となる。

3000年前の古代中国医学の基本であり、伝統的な日本の医学の常識であり、ヨーロッパの伝統医学の原理でもあります。

とくに日本の伝統医学では「気血」とという言葉があるように、精神の幸福度(気)によって、血は悪くもなるし、良くもなるという教えは、今の時代非常に重要です。

ストレス過多のため飲食を繰り返すと、血は悪くなし、血が肉をつくるから身体も悪くなって病気になるというのは、医者でなくても、中高年なら自分の肉体でもう痛感していることでしょう。

しかしこの原理を100年前に無視したがのが近代医学の父といわれたVIRCHOWです。明治以降日本の医学も、このドイツ医学に汚染されてきたわけです。

病気を治すのは医者であり、薬であり、技術である、人間はいろんなパーツの集合体だから、そのパーツごとに専門的に診断するのが医術であるという哲学が近代医学です。

もうこんな近代医学では、病気は治らないことはばれてきています。筆者だって緑内症は治らないと医者からいわれ、前立腺肥大も薬じゃ治らないと言われ、大学で習う近代医学って、いったいなんだんだろう? と疑問をもっています。

石油から精製される化学薬品をつくる製薬会社の利益のために、近代医学って、ねつ造されたのかもしれないとさえ思っています。

さて、千島・森下学説ってご存知でしょうか?医学学会から抹殺された医学理論です。「食は血となり血は肉となる」 というのを実証してしまったら、抹殺されたのです。

・近代医学では、細胞は、細胞からしか生まれない となっています。
・赤血球として生まれたら死ぬまで赤血球として生きるとなっています。
・体細胞として生まれたら死ぬまで体細胞として生きることになっています。

千島・森下学説では、食べ物が赤血球となり、赤血球が体細胞になるというのです。飢餓時には、逆も真なりで、体細胞が赤血球となり、赤血球が栄養になるのです。千島・森下学説からみれば、メデイアが大騒ぎして、自殺者まで出して抹殺された「STAP細胞」も、あって当たりまえなんですね。

ものすごくダイナミックに生き物の身体というのは、できているわけです。

この近代医学はもう崩壊しつつあります。抗がん剤や放射線治療を拒否する人が増えるいっぽうです。

実は同じような歴史が、運命学にもいえます。

四柱推命で実例をいうと
・印綬として生まれたら死ぬまで印綬である。
・財星として生まれたら死ぬまで財星である。
という宿命論です。

実際の人をみると、こんなのは、ウソであることが明白です。

印綬は本来は知恵者で明るく人気があるのですが、世の中を批判し、政治を批判し、上司を批判し、配偶者を批判する、まるで、批判のかたまりのような印綬も多いです。これは、四柱推命の「傷官」の悪い部分の特徴です。

お金にたいするコンプレックスのある印綬は、次から次へと新しいビジネスに手をだし、金・金といって金と異性を追いかけている人も多いです。これは、「財星」の悪い部分の特徴です。

精神が健康でないと、印綬は、悪い傷官にもなり、悪い財星にもなる。
~~~~~~~~~~~~~~

「気は星を創造する」 というのが筆者の発明した理論です。

古い運命学を卒業したい人は、こちらをご覧ください。

青葉容疑者は印星だった

つい先日 印星は精神疾患になりやすいという動画をアップしたら

京都アニメを放火した青葉容疑者は 印星だったようです。

印星のヒトが、すべてそうなるわけじゃないけど、ビデオ講義みてみてください。

損はさせませんから。

最新の遺伝子研究と運命学

■最新の遺伝子研究は運命学をも変える

最新の遺伝子研究では、生まれながらにもっている遺伝子さえ、長年の生活習慣で変わることが発見されています。さらに、遺伝子の配列の変化がない場合でも、それがどのように発現するかは、そのヒトの食事や喫煙やお酒やストレスなどの生活のあり方によって決定されるというエピジェネテイクスという分野の学問が注目をあびています。

癌になりやすい遺伝子をもっていたとしても、それが発現するヒトとまったく
発現しないヒトがいるわけです。

つまり最新の遺伝子研究では、どのように生きるとリスク遺伝子が発現しない
のか?という生き方の研究が注目されてきているわけです。

ヒトのゲノム解析を競っていた時代は、こんな遺伝子ならこんな病気になると
いう説が主流でしたが、もうこの考え方は昔のものになっています。

この考え方を積極的に採用しているのが西洋の精神医学です。神経症になり
やすい遺伝子をもったヒトでも、病気にならないような生き方を研究する予防
医学に変化してきているのです。(レジリエンス医療)

占いで算出される命式やホロスコープ図の解読は、一昔前の時代の、ヒトの
ゲノム解析と同じようなレベルです。考え方が古いわけです。

命式やホロスコープ図で示される星の配置は、リスクを示していますし、
可能性も示してくれています。

リスクが発現するのも、可能性を発現するのも、ようは生き方次第ということ
なんですね。最新の遺伝子研究は、それを証明してくれました。

さて、実は四柱推命でいうと、印星というのは、
容易に精神疾患になる可能性
があるリスクをかかえている星です。

では、どういう生き方をすれば、印星のヒトは、精神疾患になるのでしょう?

■新作のDVDビデオセミナーを発売開始しました。

https://www.fsoft.co.jp/vtr/youtube1.htm

占いを科学するとは?

占いを科学するときに、もっとも重要なことは徹底して星の意味を広げて理解すること。
どうすればいい? たくさんの人を観察することだ。そんなにたくさんの人を観察したことがない?
そういう人には最初にこの本をお勧めします。次にもっと詳しく知りたいならこの本です。
もっといろんな占い技法で人を診断してみたいという人はこの本です

ソフトは星平会海プロ版だけで充分でしょう。

占いの初心者から中級者へ

日本の占い師さんや占い歴40年という人でも、実はまだまだ初心者であることが多い。
原書 たとえば、滴天髄や窮通宝鑑や神峰通考 などを教えている人は、まだ初心者である。
それらの原書の目的が、人として未熟なレベルの人をターゲットに書かれているからである。
どの原書も、単純化本能、パターン化本能、分断化本能という人が修業して超えないといけない
本能を、越えさせない悪意が隠されていることにぼ~としている日本人は気が付かない。
ヒトは、単純ではない。パターン化できない。パターン化できる人はもう最悪の運勢。
世の中は簡単に吉とか凶とか、善と悪とかに分断できない。
創意工夫して人生を生きようとしない人がハマるのが、
・「単純化本能、パターン化本能、分断化本能」だ。脳は楽できるからね。

人は生まれながらに多重人格?

■人は生まれながらに多重人格であるというのが占い

 世界に沢山ある占いを勉強すればするほど 人間という存在は、生まれながらに多重人格であるということがわかる。京都大学で長年にわたって四柱推命を研究した私が尊敬する増永氏も、そう書いている。

実例をあげてみよう。ある中小企業の経営者で最近会社を倒産させてしまった人だ。

<四柱推命では>
日柱:A →穏やかで理論を好む、交渉が言葉巧み
月柱:B →情報収集が得意
年柱:C →ケンカ早い

D→ロマンチック

天干の通変星→E 原書には、乞食坊主の命式をある

月支元命→F 商売の星

<宿曜経では>
27宿 G→ 反抗的

<ホロスコープでは>
太陽が水瓶座→ 知識と情報への欲求
その太陽と水星が同じ位置にある→コミュニケーションは知識と情報べ基本。

*ABCDEFG はプライバシー保護のため実際の星を変えてあります。

こうやって並べていくと 多重人格ができあがってくるわけである。
さて、人は「どれが本当か?」と迷ってしまうようになっている。
だから原書では1つに絞るための理論が何万ページにもわたって書いてある。
・月支元命こそが重要だと書いてある原書に従えば、偏財の商売人となる。
・用神こそが重要だと書いてある原書に従えば、印星のアイデアマンとなる。
・通変星の並びことが重要だと書いてある原書に従えば、乞食坊主となる。

いや宿曜こそ重要だと言う人は、抗宿の反抗的こそキーワードとなる。
いやホロスコープこそ当たるという人は、水瓶座がキーワードになる。

次から次へと新しい占いや新しい理論が生み出されてきて、ますます人を迷わす。すべての議論が、私にとっては、どうでもいい内容である。
どれが正しいとか間違いとかという議論がもう、泥沼にいる証拠である。
じゃあ いったい どうすればいいのか? をセミナーでは解説します。
ようはものの見方の次元が低いから、迷うのである。

■7月6日 土曜日 午後3時から4時30分まで 東京セミナー開

■まだ新刊を購入していない方は下記から購入してください。
 これを読めば、机上で発明された無数の占いの理論に迷うことが
 なくなり
ます。