結婚は最大の開運

運が悪い人は、どうやったら、開運できるのか?

1人じゃ 開運できません。

宝石やら印鑑やら方位やら、なにを買っても なにをやっても開運できません。

だって、運が悪いのは、いまの自分自身の 頭の中が悪いからです。

だから、頭の中を変えれば、開運します。

つまり、考え方です。

でも、中高年になったら、上司のいうことももう聞かないし、同僚のいうことも聞かないでしょ。

だから開運できないのは、当たりまえ。

ただ一人だけ、本音で言ってくれる人がいるとしたら、それは配偶者。

だから、結婚していない人は、開運は無理。

だって、だれかが本気で何か言ってくれますか?
涙流してとっくみあいのケンカしてまで意見してくれますか?表面的に言ってくれるだけじゃ、分からないんです。

若くて 発想が斬新な嫁さんもらえば、自然に、あなたも変わります。全然、自分の思考と違いますから。

そして、すぐに開運します。
頭リセットされるから。

若い日本人女性は、もう相手にされない? そりゃそうでしょ。

今の若い女性は、最低4億の資産がないと、中高年とは結婚しません。私が婚活しているとき、結婚相談所の所長からそう言われてショックでした。

1000万X40年=4億という計算なんですね。

まあ 年齢差を考えれば、そうなるんでしょうが・・・4億ね~

だから、国際結婚しかないんです。

 

真実をみる目

最近は、真実を暴露したり 語ったりする書籍や教材が売れている。

やっと、もうそろそろ本当のことを言ってくれ! 国のリセットが必要だ

と大衆が思ってきたということで大歓迎である。

東京都の知事の選挙のとき、田母神さんが、若者には圧倒的に人気があった。

それを知っている政府は絶対に、選挙をWeb化しない。したら、若い連中が選挙に参加して負けるからだ。若い人たちは、感性が敏感だ。

歴史の真実もあばかれてきている。明治維新で、活躍した坂本龍馬が人気だが、なぜ、あんな民間人の若造が幕府に反抗するだけの巨大な軍事設備を用意できたのか?そこには、金を出したやつがいるだろ。それは、だれだ?

明治維新以降 日本は 70年間も、戦争 戦争で、多くの若者が死んだ。

明治以前は、戦争がない平和な時代が何百年も継続したというのに。

そのキャッチコピーが 富国強兵 文明開化 であったが、欧米文化の押しつけだ。

欧米のほうが、優れている? いやいや あんな野蛮な連中が日本人のDNAより優れているわけない。イギリスのやり方をみてみるといい。

アヘンを使って、中国を、ボロボロにしただろ。大英帝国は、インドで栽培したアヘンがその資金源だった。

時代は変わってアヘンで支配できないと思ったら、金融で世界を支配してきた。タックスヘイブンだの、ヘッジファンドだの、金融工学を発明して、汗を流さずに、パソコンたたいて、金もうけする仕組みを作ったのも、イギリスだ。アメリカは、その主演男優だ。

その胴元のイギリスが、また、動いている。EUからの離脱とか、タックスヘイブンを許さないとか、言い出している。

ということは、次なる支配の道具を準備したというわけだ。

こういう目をもつと、長期投資は楽に勝てる。

占いに関しても真実が見えてくる。今までの理論の最終目的がどこに設置されているのか?をみれば、理論に振り回されることはなくなるだろう。理論を長くやっていると、間違いなく運を悪くする。

運命学は勉強するな

日本人はまじめです。

運命学の本も、難解な理論のやまもりで、それを学習することが運命学の習得だと思っています。

これって 勘違いです。

英語がうまくなって 外国人と会話したいのに、英語を勉強してもうまくならないでしょ。

私の妻は外国人なので、これに悩みました。

勉強じゃ英語はうまくならない。

トレーニングなんです。必要なのは。

最小限のことを覚えたら 実践あるのみ。

ネイテイブは、理解してくれますから。

話が通じたときの喜びは、このうえもなくうれしいものです。

運命学もおなじ。

星の意味を覚えたら 実践あるのみ。

難解な理論を、マスターしても 実際の診断はできないでしょう。

まあ 数百万の書籍代と謝礼を払って 勉強してしまった私が言うのも おかしいですが

こんなに勉強しても、実践では使えないものばかりでした。

どんどん 実践していくしかないのです。

実践のしかたは、トレーニングだと思うことです。

たとえば、中曽根元総理をみていて、十干わかりますか?

あきらかに、あの雰囲気は、甲 なんです。

カルロスゴーンさんをみていて、わかりますか?

甲 そのものなんです。

これが トレーニング。

理論をやるから、診断できない人が多いです。

甲は大樹 なんてやっていたら 百年かかっても、無理ですよ 生きている人間を診断するのは。

 

格差社会

格差社会に 生き残るためには ある一点の思考の転換が必要だ

わたしは 長期投資をはじめて 15年になるが 将来は ファイナンシャルフリーになる自信ができたきたのだ。

簡単なことです。2008年のサブプライムショック リーマンショック ギリシアショックなんとかショックの連続で みんなが株なんか 売れ売れといっているときに、株を買ったからだ。

金があるから 買えたんだろ?

みんなそういう。

いやいや。今 私は無保険だ。おまけに無預金だ。3ヶ月の生活しかできない金しかもっていない。すべてが株でもっているからだ。金がいるときは、株を売っている。

すべての保険 や 定期預金 を解約したからだ。それで株を買った。

2008年には 家も売った。すべての資産を現金にして 株を買ったのだ。

株は、お金がないから買えない? いやいや 買いたくないだけです。

だって 保険もはいっているでしょ。家もあるでしょ。

積み立てもしているでしょ。

預金もあるでしょ。最低 100万くらいは。

ようは、マインドが株を買いたくないと言っているだけ。

どんな株を買ったらいいのか分からない。勉強いていないから。

いやいやこれもいいわけ。

北海道なら、トヨタ車 と ブリジストンのタイヤ性能は、みんなが信じている。

冬に死にたくないなら ブリジストンのタイヤ だと皆いう。

だったら、ブリジストンのタイヤの株 買ったらいいとわかるでしょ。

生活のなかに、もう答えは満ちているんだ。

でも それでも こわがってなにもしない人は まあ そういう人は、それでいい。おさきに失礼します。ということだ。

しかしだ。

現状のままズルズル行ってしまうと、社会的格差は加速しながら広がっていく。

いま生活に苦しい人はますます追い込まれていく。

国も、財政破たんへの道を突き進んでいる。

生活保護も年金も、あやしい。

いつかは戦後と同じような状況に放り出されることになるのかも。

早く脱出しようとマインドを決めた人だけが、豊かな将来を生きるのだろう。

わたしは、そんな人のお手伝いをしたい。

マインドが決まらない人は、お先にごめんです。