家相の講義 九星式

家相の占い講座です。今回は、工複な天地盤方式として伝統のある、九星天地盤方式と、奇門遁甲方式を紹介します。日本の動画では初公開です。フォーチュンソフトの真面目な講座です。

徳島大学の名誉教授が爆弾発言

■テレビをみていると、脳が洗脳されてしまうこの頃

コロナ騒動、本当に茶番です。良識ある学者、医者達がもうYOUTUBEなどで、この茶番をおらわせようと情報発信をしています。そういう動きが加速するにつれて、ますますNHKは、コロナは怖いという番組を熱心に作っています。先日もニューヨークに住むコロナで死にかけた医者の特番が報道されてました。日本人が涙するような作り方は、さすが、洗脳に長けたNHKの傑作でした。

徳島大学の名誉教授が、厚生労働省まで出かけて行って役人を前に学術的にコロナ騒動がいかに似非情報に惑わされているかを説明したビデオが下記です。

そして一般向けにわかりやすく説明した追加のビデオです。

冨士レピオ株式会社がコロナウイルス診断薬の承認技術資料
驚くべき資料です。本当に新型ウイルスって存在しているの?と分析できるものです。ウイルスの個体数10個以下という検体が94%だった。これで、感染するの?
https://youtu.be/f9RC8RGDzwQ

免疫生物学の名誉教授のお話しですので、ちょっと難しい部分もありますが、最後のほうで、マスコミは狂っているということを言ってます。

そもそも新型ウイルスって、なに? 本当にそんなのいるの? という疑問がわいてきます。マスク不要 ソーシャルシスタンス不要 ステイホーム不要 だと自分で理解できたら、あなたは、しめたものです。

■ここから占いのお話しです。

 占い業界も実は、コロナ騒動と同じことが明治以降100年以上もづづいてきました。生まれながらに運命は決まっている、と洗脳されてきました。決まっているわけないでょ。では、だれが運命を形づくるのか?

● 運命は、生活習慣が形づくる。
● 生活習慣は、信念と姿勢が形づくる。

信念とは、思い込み。姿勢とは、自分の人生に責任をとる責任感。つまり、運命は、今このとき、あなたがどう生きるか?という信念と姿勢で決定されるのです。

占いで分かるのはもっと、深淵な世界、「魂」の方向性であり、現世の目指す方向です。吉凶、良い悪いはありません。生年月日からごちゃごちゃ計算して出てくるもので、吉凶が分かると思っているなら、もうその人の未来は見えてます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

洗脳をとく新しい令和時代の革命的書籍、新刊 占いの極意・投資の極意です。

https://www.fsoft.co.jp/GokuiBook/index.htm

新世代の四柱推命のお勧めの書籍はこの1冊

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

少し賢くなろう

なんか戦時中のような雰囲気になってきましたね。75~80年前、みんな新聞やメデイアに扇動されて、戦争にいかない奴は、非国民だといっていじめられた。もし、あなたがこれから 当時の時代にタイムマシンで移動したら、馬鹿な日本人ばかりだとおもうでしょう。

でも、今もおなじように なっていることに気がつかないか?

メデイアはいつも 扇動して、誘導して、結果的に、国民を騙す。メデイアは、政治の道具であるからね。

コロナウイルスも、フェイクニュースが多い。ニューヨークのビデオは、あきらかにフェイクだともうばれてしまっている。医者が死亡診断書を、書くときに、コロナで死んだと書いたら、お金がもらえるというので、偽造診断を推奨しているような雰囲気もある。医療ビジネスなのか?

ワクチンがもう出来上がっていて、人体での実験がもう始まっている。早いね。実は、あらかじめ、ワクチンとウイルス開発はセットで、やっていたのでは?という疑惑もある。

FRBや日銀が、もう無制限にマネーを刷りまくっている。本当のところは、それが目的なのかもしれない。破綻しかかった金融システムを救うために。昨年の秋頃、複数のヘッジファンドが倒産しかかった。金融システムを救うためにマネーを印刷するというと、国民は怒る。だから、ウイルスを利用したともいえる。

なぜ、日本政府は、国の管理する保健所で、検査をやりたがるのか? 民間にやらせたくないのか? 検体を国の機関に集めて何か別のことをやろうとしているのではないか?という疑惑もある。

疑惑ばかりだ。

だんだん、これらの推理のどれが正しいのか 明らかになってくるはずだ。

頭使いましょうね。メデイアを信じるのは、アホです。

コロナを恐れるな

コロナ騒動で一番とくしているのはだれ? 間違いなくスキャンダルをかかえた各国のリーダー達。 与党の批判ができない状況を作ったのはだれ? 強権発動して、権力を見せつけているのはだれ? 

安倍総理なんて、もっともとくした一人でしょう。都知事も、このときばかりと、権力をみせつけている。メデイアに出たいだけだろ。こんな人を都知事にした都民も、人を見る目ないね。

安倍総理は右往左往しているね。本当の情報源をもらえるネットワークをつくれてないんだろうね。まあ、公文書偽造を要請するような人には、だれも協力しなくなるから、自業自得だね。平成天皇が引退を発表した頃から皇族を排除しようとしたものだから、こういうときに、真の日本の勢力からも、見放されている。

9.11のときと同じ匂いがする。 だれも反対できない、正義の御旗をまたつくって、ミスリードするんだろうな。9.11のときは、テロとの戦いで 世界を戦争にまきこんだ。
今回は?
コロナに関するフェイクニュースが半分をしめていそうだ。
NHKが一番あやしいのは、9.11のときと同じ。
今回のコロナ騒動は、人為的な作為的な災害です。
3か月もすれば、人はもとのとおり、動き始めるだろうね。

なんどもなんども、繰り返されるニュースって、洗脳の手段であることを、忘れてはいけない。最初は、みな疑っているけど、だんだん、信じてしまうのが、人の常。つねに、為政者は、「恐れ」を利用して、大衆をミスリードする。

普段から「恐れ」を抱いている人は、カモになる。

自分の場合は、あえて、恐れと戦う。だからマスクはしませんし買いません。もともと人ごみは ありませんから、そんなところ行きません。レストラン外食、よく行きます。普段どおりの生活。株価が暴落しているので、汗かいて買っています。

家にこもっているくらいなら、外にでて、道路のゴミ拾いでもしよう。

相場はマインドゲーム

今の株は、買い時か 待ちべきときか? という議論が多い。

アホですね。ヒトは、感情の動物だということを分かってない議論だ。

今は待つときという人は、いつまでたっても買えない。いつが底になるかは、神様でも分からないからだ。そして、上がり始めたら 焦って買わないと損するという感情が湧いてくる。

焦ったらもう負け。相場は、マインドゲームだ。焦ったら、もう戦略もなにもあったものではない。だいたいが、焦って買ったら また下がって、どうしよう 損するという気持ちになって、またあわてて売り始める。

資産が100万あるとしたら今は15万くらいを使って さっさと買っておくのがいい。もし急激に上がったらもう買わない。損する?いやいや 価値ある企業の株主になったことで、満足する。だれも応援しないときだからこそ、自分が買ったぞという気持ち。

もし、急激にまた下がったら 追加で10万くらい買う。それを繰り返していく。100万のうち 50万でお終いになることもあるが、それはそれでいい。100万で足らなくなるときもあるだろう。それはそれでいい。10年放置できる気に入った企業の株主になったことを喜べる。

時間が最大の武器である。時間を武器にできるのは、個人だけだ。機関投資家は四半期ごとに、利益を追求されるからね。

だから、素人がプロの機関投資家に勝てる。

個人は四半期ごとに、利益がでなくても、放置できるからだ。

悪意のある人は、この状態を「塩漬け」という。

善意のある人は、「芽がでるまで待つ」という。

相場は、マインドゲームであることを忘れて議論してたら、アホになるよ。

コロナウイルス

■恐れは人を扇動するもっとも有効な手段である

コロナウイルスが毎日のようにテレビでとりあげられています。国の対応もヒステリックですし、私が住む北海道の知事もヒステリックです。毎日のテレビをみていて、国民を「恐れさす」「おどかす」ことが目的のように感じます。やがて、どこかおかしなところに扇動していきたいのでしょう。戦前の日本もそうでした。戦争に行くことが善であり天皇陛下万歳と言って死ぬことが名誉だとされて、全員がそれに向かってまっしぐらでした。満州にいた日本人は、政府の報道を信じたがゆえに、南下してきたロシア軍に殺されたり、シベリアに送られたり、女性はレイプされたりしました。命からがら、船で日本にたどり着いた港には、レイプされて妊娠した女性達を強制的に堕胎させる施設がありました。
九州や日本海側のある地域に、ロシア人の血をひく目鼻立ちのきれいな女性が多
いのは、実は、そういうことなんですね。

今回は日本だけではありません。全世界がけったくして、なにかを企んでいます。ロシアを除きます。プーチン大統領はさすがです。まるで、大三次世界大戦がはじまるかのような緊急事態を想定した法律をつくろうとしています。
・家屋の強制的使用、没収
・自由行動の禁止
など、まるで、北朝鮮みたいにしたいのか?と思うような法律を作ろうとしています。やがて、財産の没収、預金封鎖みたいなことまで、やれる法律を作りそうです。

さて、こんな状況で一番やってはいけないことは、マスコミに扇動されてしまうことです。いつの時代も、マスコミに扇動された人は、不幸になります。

さて、私はこのような状況を神側と悪魔側の両方から見ています。

(悪魔)
・どうせ、大衆はアホだから、家畜のように扇動して奴隷として生きる道を
 作ろう。(大衆は奴隷状態にあることも分からない。)

(神)
・人類はあまりにもエゴむき出しで、地球がこのままじゃもたない。自然災害な
どで、さんざん警告したのに、まだ分からない。しかたない、一度、リセットす
るか。最初のステップとして、ウイルスを利用して、世界経済の破たん、大恐慌、
預金封鎖、などを起こして、今の政治や経済のリーダ達を、追放して、新しい世
代のリーダーの登場を待つかな。そのときには、次世代のエネルギーのアイデア
も人類に与えよう。地球資源を食い荒らさない新エネルギーの登場。

■最近、もう完売になってしまった書籍ですが、下記の本が売れています。
 コロナウイルスで心配になったんでしょうね。

我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる

https://www.fsoft.co.jp/sekaikawaruBook/index.htm

PDFファイルで販売再開したので、まだ買ってない方は、買ってください。ある
企業では、社員の管理職以上には、全員読ませてレポートを書かせている経営者
もいます。先が読めない、理屈では読めない時代だからこそ、占い的な発想が必
要なんですね。

■四柱推命 星平会海実用ビデオ講座 DVDで販売開始

サンプルビデオが沢山視聴できます。キャンペーン中です。
教科書的な占いをやっているようでは、これからの時代は読めないはずです。
メデイアに影響されて、右往左往するだけです。

https://www.fsoft.co.jp/SuimeiVtr/index.htm

■最近の私の生活

 コロナがあってもなくても、同じです。中高年にとっては免疫力アップこそが
最大の武器です。身体を鍛え、精神を鍛えるため、スキーに、乗馬に、占いの仕事
に全力投球です。

今 東京から、学校閉鎖をチャンスとして理解し、子供を連れてロッジに12日
間滞在しているお客様が、来ています。子供達は、毎日スキーと乗馬です。大人
達は、私が新しい占い、隠された歴史などを講義して教えています。
幸い、スキー場はすいていて、西洋人ばかりです。マナーの悪い中国人は消えま
した。

■医者によって言うことが全然違う

ある医者はコロナなんてインフルエンザと同じだよ。まったく同じ。ニュースでは
一部の免疫が極端に弱った人の事例をおおげさに言っているだけ。ある医者は、コ
ロナね~そんなの昔からあるよ。もうだれもが何回も過去に感染してそして気が付
かないで治っているものだよ。ニュースで言っているの、本当なの? WHOの調査団
も、中国武漢に行ったようだけど現場に入れなかったでしょ。なぜ? ある医者は、
普通じゃないウイルスだよ言って、人気YOUTUBERになって儲けている。

東洋の教育と西洋の教育

戦後生まれの我々は、洗脳をされている。

まずは教育という言葉からなにを思うか? 学校で学問や知識を得ることが教育だと思っているなら、もうあなたは、西洋思想に汚染されている。

教育とは、上のヒトの人格の移し替え というのが古代からの日本の伝統だ。

つまり、あんな人になりたいという思いが湧いてこないと、教育者をやってはいけないのだ。朝起きてからの生活の1つ1つを真似したいと思わせる人格がないと、教育者ではないのだ。

専門分野があるから、・・・・こんな理由で教育を採用するから、子供達が学校をつまらなく思ってしまうのだ。

新入社員が課長をみて、あんな課長になりたいとおもうか?

課長が部長をみて、あんな部長になりたいとおもうか?

部長が社長をみて、あんな社長になりたいとおもうか?

自分がまだ20代のころ 40年前は、そんな上司がいたように思う。

いまは組織でうまくやっていける人が出世している。つまりずるい奴が出世する。

関西電力のワイロまみれの幹部をみろ 福島原発の事故のときの東京電力の幹部のうろたえぶりを見ろ、若い人が あんな幹部にだれがなりたいと思うか?立場を利用して、自分の利をおいかけることで一生懸命なだけ。

若い人の見本になれる中高年が非常に少ない。カッコよくないんだよね。生き方が。

損得ばかりを考えている中高年 カッコ悪い。

戦争を阻止したいトランプ

>トルコのエルドアン大統領は17日、首都アンカラで、同国を訪問した米国のペンス副大統領と会談し、シリア北部でのトルコ軍の作戦を120時間(5日間)停止することで合意した。ペンス氏が会談後の記者会見で明らかにした。トランプ米大統領がシリア北部からの米兵撤退を決断したことを受け、トルコ軍が同地域を実効支配していたクルド勢力への軍事作戦を開始。シリア情勢の一段の混乱が懸念され、国際社会の批判を招いた。

この記事を読んでどう思うか?

トランプ大統領が戦争を防いでいるのです。戦争をしたいのは、戦争経済で利益を出したい連中。具体的には 左派ユダヤ ネオコンとよばれる連中。かれらが、今までの大きな戦争をしかけてきた。太平洋戦争もそうです。ユダヤ人大統領 ルーズベルト が太平洋戦争をしかけた張本人であることはもうばれています。

もうこういったやり方は、やらないと言っているのがトランプなんですね。オバマまでのアメリカとは違うんですね。オバマ大統領までは、左派ユダヤに支配されてきたのがアメリカの歴史。いつからそうなったか?といえば、FRBを創立した1913年頃から。

トランプは アメリカファーストというが、そのあとで、必ず 各国ファーストとも言っています。つまり 各国のリーダーは、自国民のために、働けと言っているのである。

トルコは、NATOの一員である。しかしEUの一員ではない。NATOのメンバーが戦争をスタートさせると他の国も行動を起こすしかない。

しかしEUから英国が離脱すると、アメリカとイギリスが戦争に関わらないと 言っているのと同じになってしまう。そう もう世界の構図は変わってきているんですよ。戦争で利を得てきた連中は、これから消滅していくのでしょう。

不安と悩みに支配されないためには?

■あなたは ゆったりと落ち着いていられますか?

今回の新刊を出した理由の大きな目的が、あまりにも多くの情報が氾濫するなかで、頭が質の悪い情報と知識で満杯になっている人が多く結局、心が平穏でない人が多いということがあります。

どうしたら落ち着いていられるのか? 一番強いエネルギーは、使命感です。世界に責任をもとうとしている人と、家庭にも責任をもてないエゴの人では、天から降りてくるエネルギーが全く異なります。

責任が大きくなればなるほど忙しそうに見えても心は穏やかで落ち着いてリラックスできるのです。いっぽうで、自分のことだけで悩んでいる人は質の低い情報に影響されて、なにをやっても不安と恐れに支配され、足腰の弱い生き方になってしまいます。

責任を持とうとする範囲が大きいと、ゆったりと構えられ、まわりの雑音や一時の現象には、鈍感になってきます。

筆者の場合は、目にする情報の99%はスルーしていきます。ところが世界が変わる潮目の情報には敏感に反応します。

最近の出来事で筆者が敏感に反応したのは1つだけです。

米大統領、ボルトン補佐官を解任というニュースです。新刊を買われた方はお気づきでしょうか? 筆者の未来シナリオに沿った出来事ですね。
戦争が大好きなボルトン補佐官を首にしたということは、これから、北朝鮮が変化するということの裏返しであることは、新刊を読まれた読者ならもうお気づきでしょう。

余分な情報はスルーするということが、多くの人はなかなかできない。頭では理解しても、なにかあるとすぐ、そわそわし出す。 そして、意識がどんどん過敏になっていく。

いわゆる、「気になりだす」というやつだ。 おもしろいもので、気になりだすと、どんどん余分な情報まで片っ端から拾ってしまう。 もう、そうなると「不安と恐れ」に支配される。

目先の対応にしゃかりきとなる。 いかに、ここを乗り切っていくかしか眼中にない。

結局、自分のことだけに関心がいき、日本の将来、世界の将来なんか自分には関係ないという意識になってしまう。今まで世界を動かしてきた連中はこういった大衆マインドが大好物です。自分のことにしか関心がないなら、世界は、我々エリートだけが動かしてあげよう。となってしまいます。

陰謀論が好きな人達は、一部のエリートが大衆を家畜化すると叫んでいますが、彼らにエサとエネルギーを与えているのは、自分達であることを知りません。足腰の強い人は、もう使命をもって動いていますから落ち着いています。

質の高い情報だけをどうやったら頭に入れられるのか? この本を読めばものの感じ方が変わるはずです。

詳細は下記から
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる

https://www.fsoft.co.jp/sekaikawaruBook/index.htm

我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる

新刊の予約キャンペーンの案内です。

もうれつな勢いで世界史が動いているのを感じているでしょうか?頻繁に起こっている豪雨、地震、ヨーロッパの異常な酷暑などの自然現象も我々人間の活動(世界で起こっているさまざまな出来事)とシンクロしています。すべてが別々に起きているのではなく、すべてがつながっているのです。

今年11月には令和天皇による大嘗祭が行われますがこれが実質的な天皇としてのスタートになります。まるでそこに焦点を合せるかのように英国もEUから脱出しようとしています。そうすべてがつながって世界は動いているのですが、多くの人はこれに気が付きません。ぼ~としています。

しかし、元ウクライナ大使だった馬淵氏が本当の左派ユダヤの歴史を学問として書籍化したり、西洋医学は〇〇にのっとられていると主張し代替え治療を広めている船瀬氏が書籍を出したり、大衆に金利をつけてお金を増やしてあげることが金融の本領だとして革新的なファンドを運営している澤上氏などが時代の行く先を明るく照らし始めています。

*そんな時、「お前も書籍を出せ」という天からの声があり、早急に出版することにしました。

詳細は下記から
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる        ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*本書の購入者むけに、東京でセミナーも開催予定です

NHKニュースにひっかかるな

今朝 NHKのニュースで、アメリカに移住した日系人達が、移民排除をするトランプ大統領に反対する運動をしているというニュースがあった。

こうやって 洗脳していくんでしょうね。

英語も話せない、無教養の、移民が、法律を無視して国境を越えてアメリカに出稼ぎにやってくるのを、制してなにが悪い?

こういう下層クラスの人が入ってくると、国家内国家ができてしまう。つまり分断されるわけだ。移民が町をつくるからね。

日本も、西川口は、中国人の町になり 新大久保は韓国人の町になっているでしょう。こんな町が、ふえるいっぽうになったら、どうなるか? 日本のインフラをただで使う税金も払わない連中が増えてもメリットはありません。

それで役人は移民庁を作って対応するという。入国管理体制の強化が待ったなしになっているから役人の数も裁量も大きくするというわけだ。聞こえはいいが、実際は役人の権力が増すことが目的のようである。結局は役人のさじ加減でどうでもなるという構図が10年もしたら明らかになるだろう。まるで中国共産党みたいである。

メデイアは どうやって洗脳していくか? 一見すると聞こえがいい理屈を言う。たとえば下記のような理屈である。

・移民が沢山押し寄せないために移民庁が必要だ。

・差別は許さん。パワハラは許さん。セクハラは許さん。
=>会社の中がギスギスしていないか?家族のような雰囲気が会社にあるか?失われている会社が多いはず。

・弱いものいじめはケシカラン。

今回のニュースは、アメリカに移住した日系人がターゲットになった。ニュースをみると、同情するでしょ。

そのあと、トランプはケシカランとなったら、もう洗脳されたわけだ。

弱いものの味方になるふりをして、結局は 国家を分断させていくのは、共産党のやり方です。資本家はゆるせない、労働者の味方をして、暴力で革命を起こすというのが共産主義。しかし、中国をみても、北朝鮮をみても、一部の共産党幹部が富裕層になっているだけ。そして、彼らは愛国心がないから、多民族国家のカナダやオーストラリアなどに金もって逃げる。2005年に中国4大銀行の幹部42名が、1兆円もの大金をもってカナダに研修旅行に出かけてそのまま亡命したことがありましたね。カナダではカナダ留学を終えたエリート教育を完了した子供達や奥さんが待っているわけです。つまり、愛国心など中国共産党にはない。大衆から搾取するだけが共産主義の実体だ。

弱いものの味方をするふりをして一部の権力者に富が集中するのが、共産主義。

最近は、暴力革命は古いので、グローバリズムという名前になって、世界を洗脳しまくっている。グローバリズムになって、モノ、カネ、ヒト を動かしまくっているのが、中国でしょ。グローバリズムで一番得したのは、中国。

中国の人民元は、信用されない。それで、マカオを使い、香港を使いマネーロンダリングして、外貨に換えているのが、中国共産党。だから、香港を押さえつけないといけないから今必死なわけだ。香港が使えなくなると中国共産党が錬金術を失い崩壊する。じゃあだれが香港の暴動を扇動しているのか?もう推理できるでしょ。

弱いものの味方をするふりをして、権力を大きくしていくのが共産主義。日本のとくに愛媛県警などは、その典型例。2019年の7月女子大生が誤認逮捕されてひどいめにあったでしょ。

彼らは、俺たちが、お前が犯人だと言ったらそうなんだ という論法である。まさに、権力である。愛媛で生まれ 育ってきた自分だが、愛媛県警の腐ったシステムは、嫌気がさしていた。

15年前 愛媛の仙波巡査が暴露本を出したことを覚えているでしょうか?東大卒の独身男性のエリートが赴任してきたら、若い嫁さんがいる警察官は、妻を彼に差し出して性欲処理をさせられるんだ。そして、その警察官は出世していく。こんな習慣があることを暴露した本を出した。まさに、共産主義そのものである。
https://ja.wikipedia.org/…/%E4%BB%99%E6%B3%A2%E6%95%8F%E9%8…

税務署も共産化している。15年前の税務調査で、税務署員が言った言葉、「あんたの給与は、俺たちが決める。俺があんたの給与は他より500万高いと言ったら、差額は税金でもっていく」という論法だ。それまで、税理士をつけていなかったから、カモにされたのだろう。税務調査中に、頭にきて、本店を、東京に移動させた。そうすると、調査権限がなくなるからね。税務署員は、そんな反抗をされた経験がなく困っていた。上司から、本店移転の理由を質問されるからね。

病院も共産化されている。癌の治療方法は、俺たちが決めるという傲慢なものだ。

こうやってみていくと、社会の闇が見えてくるでしょ。

税務署が使う法律も、医療機関が使う法律も 役人が裁量権をもてるようにグレーにしている部分が多いわけだ。政治家は不勉強でそれを修正できない。つまり、法治国家ではなく、役人が裁量する国家なわけです。まさに、共産国家そのものです。

そろそろ 起きましたか? 眠っていたら なにもかも国の言うなり 奴隷になりますよ。

差別とか弱者保護とか精神異常者の権利とか、そんなことを聞いたら、「怪しい」と思わないといけませんよ。過去ケネデイなどのアメリカ大統領を暗殺した人は、すべて精神疾患となっているが?精神疾患って便利な言葉ですね。ユダヤ左派の影響を感じます。

安心してくださいね。今 音をたてて、その仕組み 壊れつつあるから。多くの人が、これくらいの洞察力はもうもっているから。悪魔は正体がばれたら悪魔でいられなくなるんです。

一番いけないのは、他人を批判すること、自分が犠牲者だと思わないこと。批判心理=洞察力を捨てる ということになるからです。

あなたも当事者です。日本国民なら。自分と家族と所属するグループに責任をもって生きていきましょう。そうすると闇も光も見えてきますから。

五術 命卜相医山 の医を命に応用

食は血となり肉となる 教えを四柱推命に応用する

五術 命・卜・相・医・山 が運命学の基礎です。そのなかで、もっとも実用で発展してきたのが医学でしょう。病気が治らないと患者は文句いうでしょうから医者(東洋医学)も鍛えられます。ぎゃくに、もっとも鍛えられなかったのが命の分野の占い師です。なぜなら、うまくいかない人を星がこうだからうまくいかないんだという理屈を述べて納得させてきた歴史だからです。患者から鍛えられて東洋医学はすばらしい進化をとげています。それを、四柱推命に応用してみましょう。

犯罪者の心理

悲惨な犯罪が次々に起こっています。拳銃を警察官から盗んだ男の父親は、大手テレビ会社の重役だった。男は、幻覚がみえるような神経症だったと言っている。

神経症だから犯罪を犯す。と専門家?は言う。

違う。

最初に 犯罪を犯すことを決断しているのだ。日ごろから、世間や親などに復習してやろうという思いをずっと持ち続けているのだ。自分がうまくいかない責任を他人に押しつけたいという決断を最初にしているのだ。

そう決断したら、言い訳がいる。その結果、精神病という病を創造できるのが人なんだ。

犯罪の言い訳に、精神病という病気を持ち出せない世論づくりが必要だ。

国会議員で、酒飲んだから ロシア人女性がいるバーに行きたいといって だだをこねた男がいた。酒のせいに責任を転嫁しているだけ。

女性のいる店に行きたいと決断したのが最初。

いいわけで 酒を使うだけ。

酒 薬 精神病 などを、犯罪の理由に使わせない世論が必要。

犯罪者は、復習をしたいのである。

その心情は、排除されていると感じているからだ。

世間は、つめたいし、批判的だからと思い込んでいる。自分から世間に奉仕しようと努力しないくせにね。治療法は、1つだけ。他人の幸せに関心をもたせるように、導くこと。学校教育の現場でも、こんな基本を教えないから、犯罪予備軍者が、これからもどんどん大人になっていく。

フォーチュンソフトのセミナーでは西洋では当たり前になっている犯罪心理学で、日本では解説されない内容についても、解説します。


正官の人はサラリーマン向き?

なぜ 日本人は 正しい答えを知りたがるのか?
つきあっている異性との相性の良し悪し、上司との相性の良し悪し、来年の運勢、仕事が来年どうなっていくのか? こういったものごとの正しい答えを知りたいという欲求が日本人は、とても強いようです。
しかし、70歳を過ぎた方には、この傾向はあまりありません。なぜでしょう?戦後の動乱を知っている80代にいたっては、正しいことと悪いことを分ける発想そのものがまったくありません。
学校教育のシステムが根本から異なっていたからだと思います。今から数十年前の教育は、答えがあらかじめ書いてあるような試験は存在しませんでした。
答えは、白紙の欄に自分で書くしかありませんでした。
しかし、昭和の後半から、どの試験も答えがすでに書いてあって、正しい答えをそこから選ぶというだけのシステムに代わってしまいました。このため、幼い頃から、答えが目の前に書いてある思考に慣らされてしまったのです。
試験用紙に用意されている答えを気に入らず、自分で書きたいと思っても、答えを書くことができない環境で、教育されてきたわけです。
実際の社会に出ると、正しい答えなんかありやしません。上司に聞いたって、分かりません。やってみて不具合があれば直していくという繰り返しが現実の世の中です。しかし、そういったトレーニングはまったくされません。
目の前に答えが書いているというのに慣らされてしまうと、従来の占いに疑問をもたなくなるわけです。生まれながらに成功するか失敗するかが決まっているなんて信じるのはアホですが、そのアホのような理屈を信じてしまうのです。
中国の古典の、滴天髄や窮通宝鑑などの自虐的で人の霊性を無視した理屈を素晴らしいと思ってしまうのです。筆者も長年信じていたアホですから。
正官のある人は、服務能力があると四柱推命では言います。でも筆者は数回も転職をしていて、すべてが会社の社長や上司とケンカしたからです。だから服務能力がないのでしょうか? いやいや違うのです。自己保身しか考えない上司、同族会社で同族だけを優遇する経営者に、服務したいと思うほうが異常なわけです。
今の日本、政治家にしろ、経営者にしろ、若い人が喜んで服務したいという人がいったいどれだけいるでしょう? いないでしょ。ということは、正官の人はどうすればいいのか? 服務する相手をもっと大きな存在にするしかないのです。社会全体、業界全体、国家、あるいは地球全体といったものに服務するしかありません。より大きなものに服務すると、目の前にいる自己保身に走る社長さんや上司とは、ケンカになることも多いでしょう。
正官はサラリーマンが向いている?なんていう言葉をそのまま左脳で理解していると人生の選択をミスりますよ。
子供の頃から慣らされた脳の癖、正しい答えが目の前に書いてあるという現実生活ではありえない古いパラダイムを再創造しないと、令和の時代は乗り切れません。
最近、あきらかに運を落としてしまった2人を紹介してみましょう。
貴乃花親方、あれだけ騒がれたのに、せっかくの運の波に乗り切れず落ちてしまいました。
小泉進次郎さんも、昨年の総裁選で、あれだけ注目されながらものらりくらりしていて運を落としてしまいました。
この2人に共通しているのは何でしょう?
ピンと来ないようでは、従来の占いの枠を超えていません。運勢を司っているなにかの立場になって考えるとおのずと答えは見えてくるはずです。

■四柱推命術 その神秘と現実と神秘 6月10日から発送開始予定  今が最安値期間です。
 商品の申し込みは下記から
https://www.fsoft.co.jp/BookSicyuBig/index.htm
*今回 特別にDVDビデオ講座(今こそ日本人のDNAを目覚めさせ世)を作成し無料進呈しております。 ただし数に限りがありますので、完売のときはご容赦ください。

朝ドラで学ぶ運命学

令和の時代が そろそろセットされようとしています。毎日の出来事を見ていればそれは明らかです。気が付いていますか?

今年と来年は日本の空亡です。なにかの暦を計算して出せるものではないのです。ホロスコープも鐵板神数も四柱推命も、これからの日本を予知するのには無力です。

しかし毎日の出来事を見てみれば 直観で見えます。6月10日の新刊 「四柱推命術 その神秘と現実と神秘」を読めば自分で自分の未来位は 予知できるようになります。もちろん、ポジテイブな思考で、毎日を過ごしていないと未来は創造できません。だまって口をあけていてもチャンスはつかめません。逃げていくだけ。

以下のビデオを無料で公開します。この程度の読みは、みなさんがご自身でできるようにならないと、これからやってくる変化に乗ることはできません。

■NHK朝ドラで学ぶ運命学


■四柱推命術 その神秘と現実と神秘
 6月10日から発送開始予定  今が最安値期間です。

 商品の申し込みはここから

*今回 特別にDVDビデオ講座(今こそ日本人のDNAを目覚めさせ世)を作成し無料進呈しております。
 ただし数に限りがありますので、完売のときはご容赦ください。

新刊内容の予告

20歳から運命学を学び始めて40年間 どんな文献を読んでもそれで実用で使えたことはなかったというのが当方の結論です。
なぜか?
何千年も前に、とても高度な文明をもった何者から 古代人が教わったのが干支暦であり、運命学であり、アーユルベーダや中国医学などの人を幸せに導くものでした。しかし、当時の古代人が理解できるレベルでしか伝えることができなかったのが運命学です。
その代表的なものが、甲は、大樹 丙は太陽といったものです。当時の原始人が理解できるものはその程度だったから、そう教えるしかなかったのでしょう。
さて、本当は何千年も前に、高度な文明をもった何者かは、どんな運命学を教えたかったのでしょうか? 最先端の西洋の心理学はそれに近づいてきているようです。先祖からの因縁の解放の仕方、運命とは? こんな本来は東洋人が得意な分野まで、今は西洋人のほうが深く研究して成果を出しています。
西洋の心理学では、出来事を吉とか凶とかに分ける発想そのものが不幸を創造すると定義されてます。凶を避けたいという発想が不幸を招くと定義されています。dancing with risk という発想が幸運を招くとなっています。
そう、日本で市販されているすべての占いの本は、ホロスコープや四柱推命もふくめ もう最先端の西洋心理学からみれば、周回遅れもいいところです。


日本人はこの程度か? という目で 見られています。
新しいパラダイムに移行しなければ、ますます遅れをとってしまうでしょう。

6月末から7月に出版する新刊では、500ページにわたって詳細に1つ1つの古くて使えない四柱推命理論を作り変えた内容を記載しております。

四柱推命の神秘と現実と真理

連休に入りましたが いかがお過ごしでしょうか? 私は、新刊の原稿の校正に集中しております。B5版で500ページちかい超大作なので、今までの何倍もの時間がかかっております。

タイトルは 「四柱推命術 その神秘と現実と真理」です。基礎編と応用編に分かれていて 実際的には2冊分です。基礎編は完売になって3年が経過した「運命学大全」の古くなったものを書きなおしたものです。後編は、今までの四柱推命を根本から見直すような内容です。

ちょっと入り口を解説しましょう。四柱推命の根本原理は、干支の暦です。

暦って本当に神秘的です。こんなにも高度な天体観測が必要なものを、数千年も前に誰がいつどうやって作成したのか? この謎を解ける人は今の人類には存在しません。確実なことは数千年前の原始人が、独自で発明できるはずはありません。高度な知識をもった原始人でない人が、原始人に教えたと考えるのが自然です。では、高度な知識をもった人が、知識のない原始人にどうやって教えたか?

四柱推命の「甲」は、カルロスゴーンや中曽根元総理のように ふてぶてしいのが特徴です。しかし、こういった表現を語彙力の乏しい原始人が理解できるはずはありません。仕事の職種も農業と狩猟くらいしかなかった時代に、能力や性格の種類を分類すること自体難しかったはずです。しかたなく、高度な知識をもった人は、大自然のなかで指をさして「甲」は、大樹と教えるしかなかったのです。

言葉が発達してきた西暦1500年ころになった時点で、「甲」は大樹ではなくふてぶてしく、権威を好み、スパッと割り切れる人柄というふうに、発展させるべきでした。しかし、当時の中国人は、「甲」は大樹だから、斧の「庚」と、燃やす火の「丁」があれば、良命と共産主義的な発想で四柱推命を発展させていったわけです。それを明治時代に日本人が輸入して、今の四柱推命になってしまったわけです。つまり、数千年前の原始人と同じ次元で、理屈をこねくりまわしているだけなのです。だから、難しそうに見えるだけ。本当は難しくないのに。

マルクスの資本論と同じなんですね。私が大学生だったころ、この資本論に夢中になった人は多かったのですが、今となってはだれも信じていませんね。資本論は、当たらない、現実の経済とあわない と実験済みですから。

おなじことが、四柱推命業界にも、いえます。マルクスの資本論と同じく聖典とされていた、滴天髄、窮通宝鑑、神峰通考、こんな原書を卒業して本来の四柱推命 つまり数千年前の知識人が原始人に本当に教えたかったものに発展させていかないとなりません。

本書は、四柱推命の歴史を変える一冊です。運命学のルネッサンスのような一冊になり、これから先、20年は読まれ続ける名著になるはずです。

当社が過去に販売して完売となった書籍が中古で定価以上の値段で販売されているのはご存じだと思います。他に類似の内容のものがないから、欲しい人がいつまでもいるわけです。

定価 4万円を予定しています。しかし、下記2冊を持っておられる方には定価の半額以下での予約販売を予定しています。

相性占法の秘儀
https://www.fsoft.co.jp/AisyouBook/index.htm

ハピネス四柱推命・占星学 ~占い心理学 新運命学概論~
https://www.fsoft.co.jp/BookHappiurana/index.htm

令和時代の占いとは?

菅原道真が西暦894年に遣唐使を廃止したのは、唐の時代にはもう学ぶべきものはないと判断したからです。
 占い関係者である我々も、もう学ぶべきものがない数百年前の中国の原書は捨てるべきときなんですね。
 元号も令和というのは日本の万葉集から引用したもので、中国の古典は引用しなかったというニュースが繰り返し放映されていましたね。中国の古典よりも日本の古典のほうが、これからの時代にふさわしい内容があるというメッセージに聞こえます。
 運命学の業界においても、吉・凶を分類する中国の原書を信奉する占い師が多いのですが、そろそろ日本人的な美・醜の価値観で占いを再構築すべきときです。

イチローを占う

イチローを占う

 我々人間だけが、自分の心の核となっている良心は、だれかを愛したいという思いです。
どんな命式をもっている人間でも、だれもが、そう生きられるように設計されているはずです。

ただし、もってうまれた星を活動させていることが条件。

2019年3月にイチローが引退しましたね。一時間以上の引退会見を東京で行なったのを見た人も多いのではないでしょうか。40歳くらいまでは、自分が実績を出すことが結果的にチームのためになるという信念をもっていました。

しかし、40歳を超えたくらいからは、チームの勝利のために自分ができることをやるのが、幸せで楽しいというふうに変わってきたと言っていました。

心の核に近づいたわけですね。傷官のイチローにとって、自分の技術を向上させる日常生活というのは比較的容易だったのではないかと思います。しかし、自分よりもチームを優先するという気持ちは傷官を超えて、心の核となっている良心のチームを愛したいという声を聴いた結果だと言えます。

 どんな命式をもって生まれてきても、40歳を超える頃には、だれかの為に生きたいという思いが強くなってくるのです。もし、中高年になってもそういう気持ちが湧いてこない人は、まだまだ命式の星が未発達で活動していないのです。

こういう観点から 占いをやっていくべき。相手の話しも聞かずに、問診もしないで、観察もしないで、つまり愛情をもって相手を知ることもなしに、鑑定作業をするなんて、ナンセンス。
思いやりをもって、自分が話す3倍の時間をかけて聞く。その作業ができない人は、占いの技術は向上しません。

新しい時代の占いはこちらです

https://www.fsoft.co.jp/

私が尊敬する占い研究家は2人

私が尊敬する占い研究家は2人。いづれも故人。1人は、佐藤六龍 もう1人は、増永篤彦。どういった部分を尊敬しているかというと、2人とも、著名な書物を残しています。しかし、書物のなかに、本音の本音を書いているところです。

佐藤氏は、占いなんかやっているようじゃ あんた成功しないよ。どうせ、当たったり 当たらなかったりするんだからね。と言っている。

増永氏は、自分の論文は、あたらなくてもいい推命術の研究論文であることを祈っていると書いてある。推命術こそは古今東西の運命学のなかでもっとも精密で最高の学術であるというが、そんなに当たるものではない と言い切っています。

これ現実なんですね。

当たる 当たらないで使うと、占いは、おかしくなるんですよ。でも、みんな それをしたがる。

みんな当たる当たらないを知りたがるから、ずるい占い研究家は、当たる本を机上でねつ造したがるんだね。ビジネスとしてやっているだけだから、批判はしないよ。欲しがるものを提供するのはビジネスの基本。

じゃあどうすれば?

それにたいする回答が、当社の占いビジネスの根源なんですね。