最終戦争はスイスが出てきたとき

だんだんと大統領選の本質が見えてきたようです。

ブッシュ クリントン オバマ と長年にわたってアメリカを乗っ取ってきたデイープステートと本来的なアメリカ人との戦争だ。もう多くの人がアメリカを乗っ取ってきた勢力に気がついたようだ。

上位1%の人が富の90%を支配しているというこの構図自体 アメリカは民主主義のふりをしているが中国と全く同じ構図だ。非常に巧妙に民衆を騙している。似非民主主義国家が今のアメリカだ。数十年前のおおらかなアメリカはもう消えつつある。不正選挙をした連中もBLMなどの破壊的運動も結局は超富裕層の連中から金もらって不正をしたわけだ。さてFBI CIA 高級官僚 政治家みんながグルであることがばれつつある。静かにアメリカの乗っ取りが進んでいた最終段階でトランプがひっくり返そうとしている。

しかし 本当の黒幕はもっと奥にいるはずでアメリカにはいない。ロックフェラーは番頭にすぎない。ロスチャイルドもそうだ。真の黒幕は安全な場所にいる。世界一安全できれいな場所だ。

スイスだろうな黒幕は。最終戦争はスイスが出てきたときだよ。日本も同じ構図になりつつある。

しかしおかしな錬金術を駆使したホリエモンが投獄され カルロスゴーンが投獄されたように、ギリギリのところで踏み止まっているようだ。中産階級が豊かにならないと国は滅びる。自分だけが豊かになればいいという人が多ければ国を滅ぼす。自分の経済基盤がある人は将来の日本のためにお金使おう。そういう気持ちでいれば来年は資産倍増のラストチャンスだよ。

ピンチをチャンスに変える

■価値あるものを間違った動機で学ぶと失敗する

ZONE心理学というアメリカで大人気の投資家むけの心理学があります。
そのなかで、マーケットや投資の手法を勉強すればするほど勝てなくなる人が多いと書いてあります。なぜそうなるのか? ここに皆がはまるワナがあるわけです。

投資をしていくと、自分の弱い性格や能力があらわになってきます。だから自分を変えていかないと最終的には投資で勝てないのが現実です。

しかし、頭のいい人は、猛烈にマーケットについて、世界の情勢について、売買手法について勉強します。自分の問題をそのままにしておきて、知識を増やしていけば、勝てると勘違いして勉強するわけです。

損するのが嫌なわけです。損するというリスクを覚悟していないわけです。

投資の天才達でさえ、1つ1つの売買では、50%は損していますが、トータルで勝てているわけです。損したとき、失敗したとき、それを自分のミスだと認めて自分を進化させるプレゼントだと思っているわけです。

トータルで勝てるのは、自分の感情のコントロールができているからです。

運命学も同じことがいえます。来年は運が良いのか、悪いのか、ということを知りたがっていると、その姿勢がもう間違っているのです。どんな出来事も、自分が引き寄せているという責任をもっていないのです。

どんなにリスクを避けようとおもって運命学を使っても、コロナ禍は避けられなかったでしょう。コロナの後のことを考えて得意の占いを使ったビジネスを始めるときです。どういうビジネスモデルがいいのか?それに運命学を使えばいいのです。官星の人なら、聞き役がうまいはずですから、聞き上手を売りにする。印星の人なら、人を愉快にさせるのがうまいはずですから、それを売りにする。財星の人なら、当社の代理店になって、ソフトを売ってみる・・・などなど

さて、今回は星平会海運命学のワンポイントレッスンです。このビデオ真意をつかめばそれだけで、プロの占い師を超えれるノウハウです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四柱推命のお勧めの書籍は下の1冊。人間関係を改善したい目的があるなら必読。
https://www.fsoft.co.jp/BookSicyuBig/index.htm

すべての運命学の根本中の根源を知るなら下の1冊。極意は非常に易しいものだ
7月末、もうすぐ最安値が終わります。
https://www.fsoft.co.jp/GokuiBook/index.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まずは自分を知ることから

■自分を理解できない者は他人を理解できない、ゆえに失敗する

相場心理学入門 ゾーン というアメリカの人が書いた本があります。このなかに、どういう人が相場で成功し、どういう人が失敗するのか?ということが書かれています。

結論は、人は性格に支配されている。性格がその人の人生を決定する。そして性格は、信念と姿勢のことであると書かれています。重要なことは、生まれ持った才能は成功と失敗にはまったく関与しないとうことです。

古い運命学をやった人にとっては、とてもショッキングな内容ですが現実の世界をみると、その通りです。成功の仕方が、与えられた天賦の才能によって異なるだけで、成功の仕方は、占いで分かります。

しかし、成功するか失敗するかは、後天的にもってしまった信念と姿勢に100%依存します。よって、成敗を占う古い学問は、時代遅れもいいところです。もっといえば、できない言い訳、弁解をするための運命学だと断言できます。古い運命学を勉強すればするほど、無限に言い訳が上手くなります。

自分を理解できないと不満とストレスで、批判的になります。責任を自分でとろうとしません。政治が悪い、役所が悪い、景気が悪い、コロナが悪い、会社が悪い、上司が悪い、親が悪い、・・・自分以外のものに責任をなすりつけます。

私が東京に出張に行ったとき、中央線が人身事故で止まってました。聞こえてきた会話は「チッまた自殺しやがった、迷惑なんだよな」というものでした。私は以前目の前で女性が電車に飛び込むのを見たことがあります。茶色の液体が飛び散るのが見えました。その死体を片付けるのは駅員です。バラバラになって臓器が出ている死体のパーツを探して片付けるのです。見ていて気の毒になりました。おもわず、気持ち悪い仕事ご苦労さんですと言いたくなります。
「チッまた自殺しやがった、迷惑なんだよな」と文句を言っている人は、ストレスがたまっていて、自分のことだけしか考えられないんでしょうね。駅員さんが、必死で後片付けをやっていることなど、思いやることもしないのでしょう。

そうです、文句を言う人、批判的な人は、他人の心も理解できません。つまり、世の中で起こっている出来事を正確に洞察することができません。よって、未来も予知できませんから変化に対応できません。そんな状態では成功するわけはないのです。

すべての社会活動は、相手の気持ちを理解することから始まりますが、自分を理解していないと、そのスタートからもうハンデイを背負っているのです。ここが重要です。自分を理解しないと、もうそれだけで、ハンデイなんです。なにをやっても、失敗するしかありません。

かくいう自分も、サラリーマンを13年やっていましたが、その間は本当の自分を理解していませんでした。組織に自分をあわせないと生きられないからです。会社を辞めて独立してからは、本当の自分にならないと生きていけませんでした。

最初はソフトを売るためにソフトバンクに依存して全国のパソコンショップで売ってました。しかし、秋葉原を中心としたパソコンショップが消えていくなか、売上げも90%ダウンという状態に陥りました。このままでは死ぬと思ってソフトバンクとは縁を切り、自分でWebでソフトを売ることにしました。売れなければ死ぬ覚悟です。あれから、20年が経過し、ソフトバンクはもうただの携帯電話会社になってしまい、もし依存していたら、もう破産していたでしょう。

テレワークなんていう言葉が躍ってますが、リストラしていい人を発見する道具として経営者は見ていることに気が付いてますか?自宅で、お金になる仕事ができる人は会社もリストラしません。お前に才能あるなら、自宅で無からカネになるビジネスを生み出してみろ!というのがテレワークです。

占いに関心があるなら、ネットを使った占い師のようなビジネスをはじめる絶好のチャンスです。日本人のネットを使っている時間が、コロナで倍になっていますから。当社の書籍と本の売り上げもコロナのおかげで伸びています。今までの仕事に見切りをつけて、ネットで占い的な仕事を始める人が増えています。

■できたての無料占い講座です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四柱推命のお勧めの書籍は下の1冊。人間関係を改善したい目的があるなら必読。
https://www.fsoft.co.jp/BookSicyuBig/index.htm

すべての運命学の根本中の根源を知るなら下の1冊。極意は非常に易しいものだ。
https://www.fsoft.co.jp/GokuiBook/index.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■