ローマ教皇はなぜ日本に来たのか?

■なぜ? ローマ教皇が日本に来たのか? 来なければいけないワケ。
11月25日ローマ教皇がタイ王国に寄って、それから日本に来られました。仏教の国であるタイ王国では、カトリック信者は、ほとんどいません。日本でも、カトリック信者は少ないでしょう。それなのになぜ?
タイ王国と 日本の共通点が1つありますね。ここに気が付いていれば、アジアの国でなぜ、タイ王国と日本だけが選ばれたのか?が明確に理解でき、これから世界で起こることも推理できるレベルにあります。人生計画ももう練りなおしているはずです。
しかし、タイ王国と 日本の共通点? えっなに? という状態であれば、これから世界で起こることも、えっなに? と慌てるだけになるでしょう。バタバタするだけです。
知りたい人は、下記本を読んでください。特別特価はもうすぐ終わります。


【我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる】

さて、話しは変わります。今回のローマ教皇のメッセージはなんだったのでしょう? 核兵器の撤廃とか、そんなことは表面上のことでどうでもいいのです。もっと深い部分にたいするメッセージがあったことに気がついていたでしょうか?
「孤独は、世界最大の貧困である」孤独感がある以上、信頼関係もつくれないし、幸せ感も味わえないし、ただ生きているだけのゾンビ人間である。
ローマ教皇は、「ゾンビ化」している日本を警告したのです。
当社の占いの書籍でも、何度も書いていますが、ほとんどの人は、もって生まれた星を、まったく使わずに死んでいきます。まさに、ゾンビ人間ばかりです。
じゃあどうすればいいのか? 下記の本を読んでください。なぜこんな本を書かざると得なかったのか?分かりますか? どんな占い本を読んでも、どんな開運本を読んでも、幸せ感を得ることができない人達が多いからです。占いを使って35年の筆者も、その一人でしたから。
筆者が言いたいことをローマ教皇が代弁してくれました。ゾンビ人間のままじゃ、死ぬまで苦しい思いをするだけです。さあ あなたはどうするのか?


【深いつながり感は至福への秘密】

上記2冊を購入のお客様は、特別特価でセミナーに参加できます。


■セミナー詳細は下記です。12月14日 東京

すべての人間関係を改善する

来週から、新刊を発売いたします。

今回の新刊は、あらゆる悩みと困難は、人間関係に起因する
というドイツのアドラー心理学からヒントを得て、さらに
最先端の西洋心理学でちょっと変わった遺伝子を持って生ま
れて来たがゆえに、人との関係性がなんとなく、うまくいか
ないという人のために、筆者の運命学理論と経験をまじえて
書き起こしたものです。

偉そうに言う筆者も、自分の遺伝子の特徴を知ってから、人との
関係性に悩まなくなりました。50代になってからですよ。
占いでは、遺伝子の特性は分かりません。だからいくら占いを
使っても、実用で使えない人も多いわけです。

正直言って、幸福を科学的に探究したり、人の幸福を心理学的
に分析する技術、論文は、西洋のほうが、10年は進んでいます。

占いの使い方も、西洋の場合は、目的はたった1つ。持って生ま
れた遺伝子を活用させるために使うことです。当たる当たらない
では使いません。

強みはなにか? そして強みはもっと強く。
弱みはなにか? 補うにはどうすればいいのか?

そんなふうに人を生かす活用術として占いを使いますから、
当たるとか当たらないという感覚を占いに求めてはいない
のが西洋社会です。

筆者の30年の経験でも、成功者、幸福そうにしている人は、
どんな占いで見ても当たります。不幸そうにしている人は、
持って生まれた遺伝子が活用されずに腐敗しつつあります。

来週から 発売する新刊の詳細は下記です。

新発売キャンペーンで 大幅割引で買えます。

■ あらゆる人間関係を良き方向に導く教え

 『深いつながり感は至福への秘密』定価 27,800

https://www.fsoft.co.jp/AdhdBook/index.htm

東洋の教育と西洋の教育

戦後生まれの我々は、洗脳をされている。

まずは教育という言葉からなにを思うか? 学校で学問や知識を得ることが教育だと思っているなら、もうあなたは、西洋思想に汚染されている。

教育とは、上のヒトの人格の移し替え というのが古代からの日本の伝統だ。

つまり、あんな人になりたいという思いが湧いてこないと、教育者をやってはいけないのだ。朝起きてからの生活の1つ1つを真似したいと思わせる人格がないと、教育者ではないのだ。

専門分野があるから、・・・・こんな理由で教育を採用するから、子供達が学校をつまらなく思ってしまうのだ。

新入社員が課長をみて、あんな課長になりたいとおもうか?

課長が部長をみて、あんな部長になりたいとおもうか?

部長が社長をみて、あんな社長になりたいとおもうか?

自分がまだ20代のころ 40年前は、そんな上司がいたように思う。

いまは組織でうまくやっていける人が出世している。つまりずるい奴が出世する。

関西電力のワイロまみれの幹部をみろ 福島原発の事故のときの東京電力の幹部のうろたえぶりを見ろ、若い人が あんな幹部にだれがなりたいと思うか?立場を利用して、自分の利をおいかけることで一生懸命なだけ。

若い人の見本になれる中高年が非常に少ない。カッコよくないんだよね。生き方が。

損得ばかりを考えている中高年 カッコ悪い。

ADHDのテレビ番組をみて・・・

■ADHD 注意欠陥・多動性障害 のテレビ番組について

10月31日 夜のテレビ番組でADHDのヒトの特集をやっていました。ある方面だけに突出した才能をもった人が多数事例として紹介されていましたが、現実のADHDの人を多く友人に持つ筆者からみれば、とてもかたよった内容でした。

まず 注意欠陥・多動性障害 という言葉がもう西洋では古い言葉です。

【起業家、冒険家、発明家、投資家、緊急医療専門医師】こんなふうに西洋の文献では表記されているのがADHDです。筆者の友人の多くはADHDですが、起業家、投資家、外科医が多いです。テレビで紹介されたような芸術家はいません。小さい特徴的な会社のオーナーが多いです。

じっさいマイクロソフトのビルゲイツもADHDです。Windows3.1を発明しWindows95まではマイクロソフトが頑張って開発したものですが不安定で業務使用には耐えられないという評判が悪いものでした。ビルゲイツはそれを知っていて10年も悩み続けていたのです。そこにDECというコンピュータメーカーでOSを開発していたカトラー率いる200人の
技術者をまるごと買収してできたのが、今のWindows10の原型となったWindowsNTでした。マイクロソフトで開発することをあきらめて外から技術をいれたわけです。当時は、「衝動的」な判断だと言われたものです。

ADHDだから「衝動的」にやったと言われたものですが、こんな評価は間違っています。10年もビルゲイツは悩んだあげくに、一瞬のチャンスをつかんだわけです。

いかがでしょう。ADHDは「衝動的」「気移りする」とかテレビ番組では言ってましたが、それは表面的な見方であることがわかるでしょう。10年間も集中してチャンスを狙っていたのですから。

イチローもアップルの創業者のジョブスも、KFCの創業者カーネルサンダースもADHDです。彼らを、注意欠陥・多動性障害 と呼ぶのでしょうか?

日本の医学学会は、本当に無知で遅れています。

さて、そんなADHDですが、成功した起業家も人間関係では悩んでいる事実はあります。

新刊の案内です。ADHDだと感じている人には読んで欲しい書籍です。海外の新しい文献に紹介されている内容に筆者の経験をくわえた大作です。

■深いつながり感は至福への秘密

https://www.fsoft.co.jp/AdhdBook/index.htm

損得思考が貧しさを引き寄せる

ある人からこんな自慢話を聞いた。

数年前から白内障をわずらっていて、手術をそのうちしなければならないとわかっていて、保険に加入した。最先端医療つきの保険だ。病歴を隠してだ。保険会社の営業マンは、喜んで自宅をおとづれて契約をした。

契約をして1年後 最先端の目に人工的なレンズをいれる白内障の手術をすることになった。なんでも、老眼や近眼もこれで治るんだとか。見積もりは、数十万円以上。それを契約している保険を適用して 自分の懐を痛めないで手術をやれると自慢していた。

俺は頭いいだろ あんたもやりなよ、と勧められた。保険会社の担当営業マンは、面白くない顔をしていたと笑っていた。

さて、このブログの読者はどう思うか? こういうのを頭がいいのだと思うんなら そういう人はやったらいい。しかし、自分は、やらない。

まず、保険という保険は、50歳ですべて解約してある。子供が一人前になったからだ。必要ない。また万が一病気になったらいけないからという恐れで保険に入ると、その通りに万が一のことを引き寄せてしまうからだ。だから、万が一のことを引き寄せないために保険は入らない。自分の健康管理に保険は不要。ドイツから波動測定器をいれて、それで健康管理をしている。

つぎに、保険会社を利用しようという「ずるい気持ち」があると、運が下がるからやらない。保険会社をだましてやろうという気持ちがあると、もっとずるい奴から騙されるようになっている。それが宇宙の仕組みだから、逃げようもない。利用してやろうという気持ちがあると、やっぱりそんな人を引き寄せてしまう。

実際彼は、なんどもビジネスで騙されたと嘆いているが、それは人をうまく使ってやろうとしているずるい自分が引き寄せているだけである。昔から言う、キツネつきの状態だ。

自分なら、見積もりが 数十万なら、きもちよく 感謝して、自腹で医者に支払う。お金がなくてもそうする。なぜか? もし自分が富裕層なら、気持ちよくお金を払うだろうと思うからだ。何事も気持ちからスタートするのが、宇宙のシステムだ。気持ちが富裕層のつもりで、お金を大切に、気持ちよく、価値あるものに使っていくと、国のために使っていくと、本当にお金が入ってくるようになる。

心が貧しいと 中高年になったら、本当に貧しくなる。

彼は若い頃 事業に成功して億万長者だったが、今は貧しい。億万長者だったころに、気持ちを変えないといけなかったのに、その頃から気持ちが貧しかった。だから、何十年も経過して その気持ちにふさわしい現実を引き寄せたわけだ。

彼はそう思わない。今の現実がおかしい。昔のはぶりが良かった頃が正しいと思っている。過去の記憶を再生しているだけの生き方だ。今の現実を見ないんだから。今 彼は借金して、ベンツに乗っている。過去のはぶりが良かった頃が正しいと思っているからだ。

これじゃインスピレーションもなにも降りてこない。楽しくない人生だ。

人生の選び方は2つある、

1.過去の記憶を再生する人・・・文句ばかりの生き方だよ

2.インスピレーションで生きる人・・・ワクワクするよ

戦争を阻止したいトランプ

>トルコのエルドアン大統領は17日、首都アンカラで、同国を訪問した米国のペンス副大統領と会談し、シリア北部でのトルコ軍の作戦を120時間(5日間)停止することで合意した。ペンス氏が会談後の記者会見で明らかにした。トランプ米大統領がシリア北部からの米兵撤退を決断したことを受け、トルコ軍が同地域を実効支配していたクルド勢力への軍事作戦を開始。シリア情勢の一段の混乱が懸念され、国際社会の批判を招いた。

この記事を読んでどう思うか?

トランプ大統領が戦争を防いでいるのです。戦争をしたいのは、戦争経済で利益を出したい連中。具体的には 左派ユダヤ ネオコンとよばれる連中。かれらが、今までの大きな戦争をしかけてきた。太平洋戦争もそうです。ユダヤ人大統領 ルーズベルト が太平洋戦争をしかけた張本人であることはもうばれています。

もうこういったやり方は、やらないと言っているのがトランプなんですね。オバマまでのアメリカとは違うんですね。オバマ大統領までは、左派ユダヤに支配されてきたのがアメリカの歴史。いつからそうなったか?といえば、FRBを創立した1913年頃から。

トランプは アメリカファーストというが、そのあとで、必ず 各国ファーストとも言っています。つまり 各国のリーダーは、自国民のために、働けと言っているのである。

トルコは、NATOの一員である。しかしEUの一員ではない。NATOのメンバーが戦争をスタートさせると他の国も行動を起こすしかない。

しかしEUから英国が離脱すると、アメリカとイギリスが戦争に関わらないと 言っているのと同じになってしまう。そう もう世界の構図は変わってきているんですよ。戦争で利を得てきた連中は、これから消滅していくのでしょう。

台風は東京に来ないといけないワケ

大嘗祭が11月の末に行われますが、これはとても霊的でスピリチュアルな儀式であり、天皇以外はその内容を知ることはできない儀式です。世間的には新天皇に変わって令和時代になっていますが、この大嘗祭が本当の意味で新天皇の誕生日になるのです。

この儀式の日程にあわせてバチカンのローマ法王が日本になぜがきます。

霊的であり、スピリチュアルな儀式であるがゆえに、東京のど真ん中にある皇居という場所は 神聖な儀式になりにくい環境になっているのかもしれません。

とくに、エレクトロニックスモッグといわれる電磁波公害が都心はものすごいと予想されます。

私が使っている波動測定器も、都内で使うときは、電磁波公害をきれいになくす装置を部屋に設置しないとうまく使えないという問題があります。

霊的現象は、微細な量子力学でいう振動であり波動です。

その大嘗祭にあわせて、エレクトロニックスモッグを掃除しないとなりません。それが、台風なのかもしれませんね。

今年最大のポイントは、大嘗祭です。

気が付いていますか?

左翼に支配されたNHK メデイアは、こういった内容一切を報道しませんが、3000年も続いてきた伝統行事は、左翼の連中にとっては、邪魔なんでしょう。

不安と悩みに支配されないためには?

■あなたは ゆったりと落ち着いていられますか?

今回の新刊を出した理由の大きな目的が、あまりにも多くの情報が氾濫するなかで、頭が質の悪い情報と知識で満杯になっている人が多く結局、心が平穏でない人が多いということがあります。

どうしたら落ち着いていられるのか? 一番強いエネルギーは、使命感です。世界に責任をもとうとしている人と、家庭にも責任をもてないエゴの人では、天から降りてくるエネルギーが全く異なります。

責任が大きくなればなるほど忙しそうに見えても心は穏やかで落ち着いてリラックスできるのです。いっぽうで、自分のことだけで悩んでいる人は質の低い情報に影響されて、なにをやっても不安と恐れに支配され、足腰の弱い生き方になってしまいます。

責任を持とうとする範囲が大きいと、ゆったりと構えられ、まわりの雑音や一時の現象には、鈍感になってきます。

筆者の場合は、目にする情報の99%はスルーしていきます。ところが世界が変わる潮目の情報には敏感に反応します。

最近の出来事で筆者が敏感に反応したのは1つだけです。

米大統領、ボルトン補佐官を解任というニュースです。新刊を買われた方はお気づきでしょうか? 筆者の未来シナリオに沿った出来事ですね。
戦争が大好きなボルトン補佐官を首にしたということは、これから、北朝鮮が変化するということの裏返しであることは、新刊を読まれた読者ならもうお気づきでしょう。

余分な情報はスルーするということが、多くの人はなかなかできない。頭では理解しても、なにかあるとすぐ、そわそわし出す。 そして、意識がどんどん過敏になっていく。

いわゆる、「気になりだす」というやつだ。 おもしろいもので、気になりだすと、どんどん余分な情報まで片っ端から拾ってしまう。 もう、そうなると「不安と恐れ」に支配される。

目先の対応にしゃかりきとなる。 いかに、ここを乗り切っていくかしか眼中にない。

結局、自分のことだけに関心がいき、日本の将来、世界の将来なんか自分には関係ないという意識になってしまう。今まで世界を動かしてきた連中はこういった大衆マインドが大好物です。自分のことにしか関心がないなら、世界は、我々エリートだけが動かしてあげよう。となってしまいます。

陰謀論が好きな人達は、一部のエリートが大衆を家畜化すると叫んでいますが、彼らにエサとエネルギーを与えているのは、自分達であることを知りません。足腰の強い人は、もう使命をもって動いていますから落ち着いています。

質の高い情報だけをどうやったら頭に入れられるのか? この本を読めばものの感じ方が変わるはずです。

詳細は下記から
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる

https://www.fsoft.co.jp/sekaikawaruBook/index.htm

我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる

新刊の予約キャンペーンの案内です。

もうれつな勢いで世界史が動いているのを感じているでしょうか?頻繁に起こっている豪雨、地震、ヨーロッパの異常な酷暑などの自然現象も我々人間の活動(世界で起こっているさまざまな出来事)とシンクロしています。すべてが別々に起きているのではなく、すべてがつながっているのです。

今年11月には令和天皇による大嘗祭が行われますがこれが実質的な天皇としてのスタートになります。まるでそこに焦点を合せるかのように英国もEUから脱出しようとしています。そうすべてがつながって世界は動いているのですが、多くの人はこれに気が付きません。ぼ~としています。

しかし、元ウクライナ大使だった馬淵氏が本当の左派ユダヤの歴史を学問として書籍化したり、西洋医学は〇〇にのっとられていると主張し代替え治療を広めている船瀬氏が書籍を出したり、大衆に金利をつけてお金を増やしてあげることが金融の本領だとして革新的なファンドを運営している澤上氏などが時代の行く先を明るく照らし始めています。

*そんな時、「お前も書籍を出せ」という天からの声があり、早急に出版することにしました。

詳細は下記から
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 我々太陽神の民族が覚醒するとき世界史が変わる        ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*本書の購入者むけに、東京でセミナーも開催予定です

左派思想に洗脳されるな

韓国が強制的に労働者が日本に連れて行かされて労働させられたというニュースが流れている。先日夕張炭鉱の博物館に行ったときも、多くの朝鮮からの労働者がいたと記載された説明書きがあった。まるで、強制的に連れてこられたといいたいばかりの言葉だった。

こういうのを被害者意識から出発したデマゴークという。いわゆる無知につけこんだ洗脳だ。

同じような洗脳が、LGBTという言葉だ。自分達は差別され被害者だから、自分達は救済されることが正義であるという主張だ。

言葉で洗脳するのが、左派ユダヤのやり方だ。分断させて統治せよ。分断させることが左派ユダヤにのっとられたメデイアの目的だ。

オバマ大統領のとき、大統領令で、公衆トイレやレストランのトイレで、男女別のラベルを廃止させた。LGBTの人に差別になるからという理由だ。被害者意識から出発させた言葉や理屈は、こんなふうに世の中を無茶苦茶にしてしまう。男が自分は心が女だから、女性トイレを利用してもいいんだという理屈だ。男だから男のトイレに行かにといけないのは差別だという理屈だ。まともではない。狂っている。狂った理屈を正義にすりかえるのが左派ユダヤに支配されている司法だ。

トランプ大統領になって即刻 この悪法は廃止されたようだ。それでLGBTを差別しているとメデイアは言う。アメリカのメデイアとくにCNNは狂っている。

被害者意識をうったえるニュースが流れたら常に疑え。日本ではNHKもおかしい。

当時は、朝鮮から高い収入を得られる日本に自発的に押し寄せてきたのが現実だ。今も当時も同じなんだ。なにも変わってない。高収入が得られるから、日本やアメリカに外国から来る。それを、強制連行という言葉にすりかえるのは、いつもの左派ユダヤに支配されているメデイアのやり方。

大衆が見抜く洞察力をもつだけで、メデイアは力失う。影響力を失う。関心をもたれなくなったら、メデイアは存在価値がなくなるからね。

ただし勘違いしてはいけないのは、批判はダメ。批判精神は、ユダヤ左派と同じ。洞察力を削がれる。

NHKニュースにひっかかるな

今朝 NHKのニュースで、アメリカに移住した日系人達が、移民排除をするトランプ大統領に反対する運動をしているというニュースがあった。

こうやって 洗脳していくんでしょうね。

英語も話せない、無教養の、移民が、法律を無視して国境を越えてアメリカに出稼ぎにやってくるのを、制してなにが悪い?

こういう下層クラスの人が入ってくると、国家内国家ができてしまう。つまり分断されるわけだ。移民が町をつくるからね。

日本も、西川口は、中国人の町になり 新大久保は韓国人の町になっているでしょう。こんな町が、ふえるいっぽうになったら、どうなるか? 日本のインフラをただで使う税金も払わない連中が増えてもメリットはありません。

それで役人は移民庁を作って対応するという。入国管理体制の強化が待ったなしになっているから役人の数も裁量も大きくするというわけだ。聞こえはいいが、実際は役人の権力が増すことが目的のようである。結局は役人のさじ加減でどうでもなるという構図が10年もしたら明らかになるだろう。まるで中国共産党みたいである。

メデイアは どうやって洗脳していくか? 一見すると聞こえがいい理屈を言う。たとえば下記のような理屈である。

・移民が沢山押し寄せないために移民庁が必要だ。

・差別は許さん。パワハラは許さん。セクハラは許さん。
=>会社の中がギスギスしていないか?家族のような雰囲気が会社にあるか?失われている会社が多いはず。

・弱いものいじめはケシカラン。

今回のニュースは、アメリカに移住した日系人がターゲットになった。ニュースをみると、同情するでしょ。

そのあと、トランプはケシカランとなったら、もう洗脳されたわけだ。

弱いものの味方になるふりをして、結局は 国家を分断させていくのは、共産党のやり方です。資本家はゆるせない、労働者の味方をして、暴力で革命を起こすというのが共産主義。しかし、中国をみても、北朝鮮をみても、一部の共産党幹部が富裕層になっているだけ。そして、彼らは愛国心がないから、多民族国家のカナダやオーストラリアなどに金もって逃げる。2005年に中国4大銀行の幹部42名が、1兆円もの大金をもってカナダに研修旅行に出かけてそのまま亡命したことがありましたね。カナダではカナダ留学を終えたエリート教育を完了した子供達や奥さんが待っているわけです。つまり、愛国心など中国共産党にはない。大衆から搾取するだけが共産主義の実体だ。

弱いものの味方をするふりをして一部の権力者に富が集中するのが、共産主義。

最近は、暴力革命は古いので、グローバリズムという名前になって、世界を洗脳しまくっている。グローバリズムになって、モノ、カネ、ヒト を動かしまくっているのが、中国でしょ。グローバリズムで一番得したのは、中国。

中国の人民元は、信用されない。それで、マカオを使い、香港を使いマネーロンダリングして、外貨に換えているのが、中国共産党。だから、香港を押さえつけないといけないから今必死なわけだ。香港が使えなくなると中国共産党が錬金術を失い崩壊する。じゃあだれが香港の暴動を扇動しているのか?もう推理できるでしょ。

弱いものの味方をするふりをして、権力を大きくしていくのが共産主義。日本のとくに愛媛県警などは、その典型例。2019年の7月女子大生が誤認逮捕されてひどいめにあったでしょ。

彼らは、俺たちが、お前が犯人だと言ったらそうなんだ という論法である。まさに、権力である。愛媛で生まれ 育ってきた自分だが、愛媛県警の腐ったシステムは、嫌気がさしていた。

15年前 愛媛の仙波巡査が暴露本を出したことを覚えているでしょうか?東大卒の独身男性のエリートが赴任してきたら、若い嫁さんがいる警察官は、妻を彼に差し出して性欲処理をさせられるんだ。そして、その警察官は出世していく。こんな習慣があることを暴露した本を出した。まさに、共産主義そのものである。
https://ja.wikipedia.org/…/%E4%BB%99%E6%B3%A2%E6%95%8F%E9%8…

税務署も共産化している。15年前の税務調査で、税務署員が言った言葉、「あんたの給与は、俺たちが決める。俺があんたの給与は他より500万高いと言ったら、差額は税金でもっていく」という論法だ。それまで、税理士をつけていなかったから、カモにされたのだろう。税務調査中に、頭にきて、本店を、東京に移動させた。そうすると、調査権限がなくなるからね。税務署員は、そんな反抗をされた経験がなく困っていた。上司から、本店移転の理由を質問されるからね。

病院も共産化されている。癌の治療方法は、俺たちが決めるという傲慢なものだ。

こうやってみていくと、社会の闇が見えてくるでしょ。

税務署が使う法律も、医療機関が使う法律も 役人が裁量権をもてるようにグレーにしている部分が多いわけだ。政治家は不勉強でそれを修正できない。つまり、法治国家ではなく、役人が裁量する国家なわけです。まさに、共産国家そのものです。

そろそろ 起きましたか? 眠っていたら なにもかも国の言うなり 奴隷になりますよ。

差別とか弱者保護とか精神異常者の権利とか、そんなことを聞いたら、「怪しい」と思わないといけませんよ。過去ケネデイなどのアメリカ大統領を暗殺した人は、すべて精神疾患となっているが?精神疾患って便利な言葉ですね。ユダヤ左派の影響を感じます。

安心してくださいね。今 音をたてて、その仕組み 壊れつつあるから。多くの人が、これくらいの洞察力はもうもっているから。悪魔は正体がばれたら悪魔でいられなくなるんです。

一番いけないのは、他人を批判すること、自分が犠牲者だと思わないこと。批判心理=洞察力を捨てる ということになるからです。

あなたも当事者です。日本国民なら。自分と家族と所属するグループに責任をもって生きていきましょう。そうすると闇も光も見えてきますから。

五術 命卜相医山 の医を命に応用

食は血となり肉となる 教えを四柱推命に応用する

五術 命・卜・相・医・山 が運命学の基礎です。そのなかで、もっとも実用で発展してきたのが医学でしょう。病気が治らないと患者は文句いうでしょうから医者(東洋医学)も鍛えられます。ぎゃくに、もっとも鍛えられなかったのが命の分野の占い師です。なぜなら、うまくいかない人を星がこうだからうまくいかないんだという理屈を述べて納得させてきた歴史だからです。患者から鍛えられて東洋医学はすばらしい進化をとげています。それを、四柱推命に応用してみましょう。

生物学を無視した占いはダメ

運命学 占い って人を診断する学問でしょ。
じゃあ 人 って どんなふうに設計されているの?
生物学的に 研究するとおもしろい。
どうしてかって?
いままでの 占いが生物学的に間違っていることが分かるからですよ。

ハッキリ言って 今までの占いをやっても、開運はしない。
断言しよう。

なぜかって?

生物学的に間違っているからです。

人は、柔軟であり、人生を創造でき、生き方を変えられ、なんにでも変化することができる よう設計されているのに、星が運命を決定するといった「宿命論」は、それを妨害するからだ。

フォーチュンソフトの ソフトと書籍で、新しい自分を創造していこう。

星があなたを創造するのではない

■食は血となり血は肉となる。

3000年前の古代中国医学の基本であり、伝統的な日本の医学の常識であり、ヨーロッパの伝統医学の原理でもあります。

とくに日本の伝統医学では「気血」とという言葉があるように、精神の幸福度(気)によって、血は悪くもなるし、良くもなるという教えは、今の時代非常に重要です。

ストレス過多のため飲食を繰り返すと、血は悪くなし、血が肉をつくるから身体も悪くなって病気になるというのは、医者でなくても、中高年なら自分の肉体でもう痛感していることでしょう。

しかしこの原理を100年前に無視したがのが近代医学の父といわれたVIRCHOWです。明治以降日本の医学も、このドイツ医学に汚染されてきたわけです。

病気を治すのは医者であり、薬であり、技術である、人間はいろんなパーツの集合体だから、そのパーツごとに専門的に診断するのが医術であるという哲学が近代医学です。

もうこんな近代医学では、病気は治らないことはばれてきています。筆者だって緑内症は治らないと医者からいわれ、前立腺肥大も薬じゃ治らないと言われ、大学で習う近代医学って、いったいなんだんだろう? と疑問をもっています。

石油から精製される化学薬品をつくる製薬会社の利益のために、近代医学って、ねつ造されたのかもしれないとさえ思っています。

さて、千島・森下学説ってご存知でしょうか?医学学会から抹殺された医学理論です。「食は血となり血は肉となる」 というのを実証してしまったら、抹殺されたのです。

・近代医学では、細胞は、細胞からしか生まれない となっています。
・赤血球として生まれたら死ぬまで赤血球として生きるとなっています。
・体細胞として生まれたら死ぬまで体細胞として生きることになっています。

千島・森下学説では、食べ物が赤血球となり、赤血球が体細胞になるというのです。飢餓時には、逆も真なりで、体細胞が赤血球となり、赤血球が栄養になるのです。千島・森下学説からみれば、メデイアが大騒ぎして、自殺者まで出して抹殺された「STAP細胞」も、あって当たりまえなんですね。

ものすごくダイナミックに生き物の身体というのは、できているわけです。

この近代医学はもう崩壊しつつあります。抗がん剤や放射線治療を拒否する人が増えるいっぽうです。

実は同じような歴史が、運命学にもいえます。

四柱推命で実例をいうと
・印綬として生まれたら死ぬまで印綬である。
・財星として生まれたら死ぬまで財星である。
という宿命論です。

実際の人をみると、こんなのは、ウソであることが明白です。

印綬は本来は知恵者で明るく人気があるのですが、世の中を批判し、政治を批判し、上司を批判し、配偶者を批判する、まるで、批判のかたまりのような印綬も多いです。これは、四柱推命の「傷官」の悪い部分の特徴です。

お金にたいするコンプレックスのある印綬は、次から次へと新しいビジネスに手をだし、金・金といって金と異性を追いかけている人も多いです。これは、「財星」の悪い部分の特徴です。

精神が健康でないと、印綬は、悪い傷官にもなり、悪い財星にもなる。
~~~~~~~~~~~~~~

「気は星を創造する」 というのが筆者の発明した理論です。

古い運命学を卒業したい人は、こちらをご覧ください。

青葉容疑者は印星だった

つい先日 印星は精神疾患になりやすいという動画をアップしたら

京都アニメを放火した青葉容疑者は 印星だったようです。

印星のヒトが、すべてそうなるわけじゃないけど、ビデオ講義みてみてください。

損はさせませんから。

最新の遺伝子研究と運命学

■最新の遺伝子研究は運命学をも変える

最新の遺伝子研究では、生まれながらにもっている遺伝子さえ、長年の生活習慣で変わることが発見されています。さらに、遺伝子の配列の変化がない場合でも、それがどのように発現するかは、そのヒトの食事や喫煙やお酒やストレスなどの生活のあり方によって決定されるというエピジェネテイクスという分野の学問が注目をあびています。

癌になりやすい遺伝子をもっていたとしても、それが発現するヒトとまったく
発現しないヒトがいるわけです。

つまり最新の遺伝子研究では、どのように生きるとリスク遺伝子が発現しない
のか?という生き方の研究が注目されてきているわけです。

ヒトのゲノム解析を競っていた時代は、こんな遺伝子ならこんな病気になると
いう説が主流でしたが、もうこの考え方は昔のものになっています。

この考え方を積極的に採用しているのが西洋の精神医学です。神経症になり
やすい遺伝子をもったヒトでも、病気にならないような生き方を研究する予防
医学に変化してきているのです。(レジリエンス医療)

占いで算出される命式やホロスコープ図の解読は、一昔前の時代の、ヒトの
ゲノム解析と同じようなレベルです。考え方が古いわけです。

命式やホロスコープ図で示される星の配置は、リスクを示していますし、
可能性も示してくれています。

リスクが発現するのも、可能性を発現するのも、ようは生き方次第ということ
なんですね。最新の遺伝子研究は、それを証明してくれました。

さて、実は四柱推命でいうと、印星というのは、
容易に精神疾患になる可能性
があるリスクをかかえている星です。

では、どういう生き方をすれば、印星のヒトは、精神疾患になるのでしょう?

■新作のDVDビデオセミナーを発売開始しました。

https://www.fsoft.co.jp/vtr/youtube1.htm

占いを科学するとは?

占いを科学するときに、もっとも重要なことは徹底して星の意味を広げて理解すること。
どうすればいい? たくさんの人を観察することだ。そんなにたくさんの人を観察したことがない?
そういう人には最初にこの本をお勧めします。次にもっと詳しく知りたいならこの本です。
もっといろんな占い技法で人を診断してみたいという人はこの本です

ソフトは星平会海プロ版だけで充分でしょう。

占いの初心者から中級者へ

日本の占い師さんや占い歴40年という人でも、実はまだまだ初心者であることが多い。
原書 たとえば、滴天髄や窮通宝鑑や神峰通考 などを教えている人は、まだ初心者である。
それらの原書の目的が、人として未熟なレベルの人をターゲットに書かれているからである。
どの原書も、単純化本能、パターン化本能、分断化本能という人が修業して超えないといけない
本能を、越えさせない悪意が隠されていることにぼ~としている日本人は気が付かない。
ヒトは、単純ではない。パターン化できない。パターン化できる人はもう最悪の運勢。
世の中は簡単に吉とか凶とか、善と悪とかに分断できない。
創意工夫して人生を生きようとしない人がハマるのが、
・「単純化本能、パターン化本能、分断化本能」だ。脳は楽できるからね。

人は生まれながらに多重人格?

■人は生まれながらに多重人格であるというのが占い

 世界に沢山ある占いを勉強すればするほど 人間という存在は、生まれながらに多重人格であるということがわかる。京都大学で長年にわたって四柱推命を研究した私が尊敬する増永氏も、そう書いている。

実例をあげてみよう。ある中小企業の経営者で最近会社を倒産させてしまった人だ。

<四柱推命では>
日柱:A →穏やかで理論を好む、交渉が言葉巧み
月柱:B →情報収集が得意
年柱:C →ケンカ早い

D→ロマンチック

天干の通変星→E 原書には、乞食坊主の命式をある

月支元命→F 商売の星

<宿曜経では>
27宿 G→ 反抗的

<ホロスコープでは>
太陽が水瓶座→ 知識と情報への欲求
その太陽と水星が同じ位置にある→コミュニケーションは知識と情報べ基本。

*ABCDEFG はプライバシー保護のため実際の星を変えてあります。

こうやって並べていくと 多重人格ができあがってくるわけである。
さて、人は「どれが本当か?」と迷ってしまうようになっている。
だから原書では1つに絞るための理論が何万ページにもわたって書いてある。
・月支元命こそが重要だと書いてある原書に従えば、偏財の商売人となる。
・用神こそが重要だと書いてある原書に従えば、印星のアイデアマンとなる。
・通変星の並びことが重要だと書いてある原書に従えば、乞食坊主となる。

いや宿曜こそ重要だと言う人は、抗宿の反抗的こそキーワードとなる。
いやホロスコープこそ当たるという人は、水瓶座がキーワードになる。

次から次へと新しい占いや新しい理論が生み出されてきて、ますます人を迷わす。すべての議論が、私にとっては、どうでもいい内容である。
どれが正しいとか間違いとかという議論がもう、泥沼にいる証拠である。
じゃあ いったい どうすればいいのか? をセミナーでは解説します。
ようはものの見方の次元が低いから、迷うのである。

■7月6日 土曜日 午後3時から4時30分まで 東京セミナー開

■まだ新刊を購入していない方は下記から購入してください。
 これを読めば、机上で発明された無数の占いの理論に迷うことが
 なくなり
ます。

犯罪者の心理

悲惨な犯罪が次々に起こっています。拳銃を警察官から盗んだ男の父親は、大手テレビ会社の重役だった。男は、幻覚がみえるような神経症だったと言っている。

神経症だから犯罪を犯す。と専門家?は言う。

違う。

最初に 犯罪を犯すことを決断しているのだ。日ごろから、世間や親などに復習してやろうという思いをずっと持ち続けているのだ。自分がうまくいかない責任を他人に押しつけたいという決断を最初にしているのだ。

そう決断したら、言い訳がいる。その結果、精神病という病を創造できるのが人なんだ。

犯罪の言い訳に、精神病という病気を持ち出せない世論づくりが必要だ。

国会議員で、酒飲んだから ロシア人女性がいるバーに行きたいといって だだをこねた男がいた。酒のせいに責任を転嫁しているだけ。

女性のいる店に行きたいと決断したのが最初。

いいわけで 酒を使うだけ。

酒 薬 精神病 などを、犯罪の理由に使わせない世論が必要。

犯罪者は、復習をしたいのである。

その心情は、排除されていると感じているからだ。

世間は、つめたいし、批判的だからと思い込んでいる。自分から世間に奉仕しようと努力しないくせにね。治療法は、1つだけ。他人の幸せに関心をもたせるように、導くこと。学校教育の現場でも、こんな基本を教えないから、犯罪予備軍者が、これからもどんどん大人になっていく。

フォーチュンソフトのセミナーでは西洋では当たり前になっている犯罪心理学で、日本では解説されない内容についても、解説します。


ヒトは一人じゃ生きられない

人は一人では生きられない生き物です。

だから自分が所属する共同体(会社 町 社会 国 世界 宇宙)にかかわっていかないと生きられません。しかし、共同体は、あなたのところまで下りてきてくれて 手取り足取り 面倒をみてくれるわけじゃありません。

自分で、進んで 共同体の一員として、奉仕しないとなりません。ときには、傷つき、批判されることもあります。しかし共同体(Social Interest)から逃げることは ヒトであることを 断念することと同じです。

アドラー心理学はこのように言っています。

学校では この重要なことを教えないから、登校拒否の子供が増えるいっぽうになる。寮にすんで相部屋で、衣食住をともにすれば、共同体に所属する意識が芽生える。

わが町 鹿追でやっている山村留学は、そんな制度です。

積極的に共同体に奉仕することの喜びを味わえる最高のシステムです。

子供の面倒をみて欲しい? アホな親が言うことです。

子供が共同体に奉仕するように、教えないとならないのに。国のためになにができるか? 社会のためになにができるか? 会社のためになにができるか? 友人のためになにができるか? を親が日ごろから、考えていれば、それを親から学べます。

親が、自己保身で生きていれば、子供は重要なヒトとしての在り方を学べません。

恋愛も結婚も同じ。家庭のために何ができるのか?相手の幸福のために自分はなにができるのか?が最初であるべき。相手になにをしてほしいのか?はあとまわし。

ヒトは一人で生きられるように設計されていない。

聖書の1ページ目に、アダムは1人じゃ生きられない、良くない。だから、エバを創造したと書いてあるじゃないか。さいきん、書店にいくと孤独のすすめだとか、独身の勧めだとか 無責任な本が並んでいる。

共同体に奉仕している人なら、所属意識もあるので、孤独は感じないでしょう。しかし、そういう所属意識がもてない人の孤独は、精神を破壊し、うつ病になり、動物を虐待し、最後は、人を殺めてしまう。

猫を50匹も殺したおじさんが、テレビで放映されていたが、だれも相手にしてくれないから、殺したと言っていた。顔をみると、自分は被害者だという顔をしている。共同体には、自分から進んで所属していかないといけない。与えられることを待っている人が多い。

占い関係者は、占いの理屈をこねるまえに、ヒトとはなんぞや?をもっと研究したほうがいい。

東京セミナー開催です。

正官の人はサラリーマン向き?

なぜ 日本人は 正しい答えを知りたがるのか?
つきあっている異性との相性の良し悪し、上司との相性の良し悪し、来年の運勢、仕事が来年どうなっていくのか? こういったものごとの正しい答えを知りたいという欲求が日本人は、とても強いようです。
しかし、70歳を過ぎた方には、この傾向はあまりありません。なぜでしょう?戦後の動乱を知っている80代にいたっては、正しいことと悪いことを分ける発想そのものがまったくありません。
学校教育のシステムが根本から異なっていたからだと思います。今から数十年前の教育は、答えがあらかじめ書いてあるような試験は存在しませんでした。
答えは、白紙の欄に自分で書くしかありませんでした。
しかし、昭和の後半から、どの試験も答えがすでに書いてあって、正しい答えをそこから選ぶというだけのシステムに代わってしまいました。このため、幼い頃から、答えが目の前に書いてある思考に慣らされてしまったのです。
試験用紙に用意されている答えを気に入らず、自分で書きたいと思っても、答えを書くことができない環境で、教育されてきたわけです。
実際の社会に出ると、正しい答えなんかありやしません。上司に聞いたって、分かりません。やってみて不具合があれば直していくという繰り返しが現実の世の中です。しかし、そういったトレーニングはまったくされません。
目の前に答えが書いているというのに慣らされてしまうと、従来の占いに疑問をもたなくなるわけです。生まれながらに成功するか失敗するかが決まっているなんて信じるのはアホですが、そのアホのような理屈を信じてしまうのです。
中国の古典の、滴天髄や窮通宝鑑などの自虐的で人の霊性を無視した理屈を素晴らしいと思ってしまうのです。筆者も長年信じていたアホですから。
正官のある人は、服務能力があると四柱推命では言います。でも筆者は数回も転職をしていて、すべてが会社の社長や上司とケンカしたからです。だから服務能力がないのでしょうか? いやいや違うのです。自己保身しか考えない上司、同族会社で同族だけを優遇する経営者に、服務したいと思うほうが異常なわけです。
今の日本、政治家にしろ、経営者にしろ、若い人が喜んで服務したいという人がいったいどれだけいるでしょう? いないでしょ。ということは、正官の人はどうすればいいのか? 服務する相手をもっと大きな存在にするしかないのです。社会全体、業界全体、国家、あるいは地球全体といったものに服務するしかありません。より大きなものに服務すると、目の前にいる自己保身に走る社長さんや上司とは、ケンカになることも多いでしょう。
正官はサラリーマンが向いている?なんていう言葉をそのまま左脳で理解していると人生の選択をミスりますよ。
子供の頃から慣らされた脳の癖、正しい答えが目の前に書いてあるという現実生活ではありえない古いパラダイムを再創造しないと、令和の時代は乗り切れません。
最近、あきらかに運を落としてしまった2人を紹介してみましょう。
貴乃花親方、あれだけ騒がれたのに、せっかくの運の波に乗り切れず落ちてしまいました。
小泉進次郎さんも、昨年の総裁選で、あれだけ注目されながらものらりくらりしていて運を落としてしまいました。
この2人に共通しているのは何でしょう?
ピンと来ないようでは、従来の占いの枠を超えていません。運勢を司っているなにかの立場になって考えるとおのずと答えは見えてくるはずです。

■四柱推命術 その神秘と現実と神秘 6月10日から発送開始予定  今が最安値期間です。
 商品の申し込みは下記から
https://www.fsoft.co.jp/BookSicyuBig/index.htm
*今回 特別にDVDビデオ講座(今こそ日本人のDNAを目覚めさせ世)を作成し無料進呈しております。 ただし数に限りがありますので、完売のときはご容赦ください。

朝ドラで学ぶ運命学

令和の時代が そろそろセットされようとしています。毎日の出来事を見ていればそれは明らかです。気が付いていますか?

今年と来年は日本の空亡です。なにかの暦を計算して出せるものではないのです。ホロスコープも鐵板神数も四柱推命も、これからの日本を予知するのには無力です。

しかし毎日の出来事を見てみれば 直観で見えます。6月10日の新刊 「四柱推命術 その神秘と現実と神秘」を読めば自分で自分の未来位は 予知できるようになります。もちろん、ポジテイブな思考で、毎日を過ごしていないと未来は創造できません。だまって口をあけていてもチャンスはつかめません。逃げていくだけ。

以下のビデオを無料で公開します。この程度の読みは、みなさんがご自身でできるようにならないと、これからやってくる変化に乗ることはできません。

■NHK朝ドラで学ぶ運命学


■四柱推命術 その神秘と現実と神秘
 6月10日から発送開始予定  今が最安値期間です。

 商品の申し込みはここから

*今回 特別にDVDビデオ講座(今こそ日本人のDNAを目覚めさせ世)を作成し無料進呈しております。
 ただし数に限りがありますので、完売のときはご容赦ください。

新刊内容の予告

20歳から運命学を学び始めて40年間 どんな文献を読んでもそれで実用で使えたことはなかったというのが当方の結論です。
なぜか?
何千年も前に、とても高度な文明をもった何者から 古代人が教わったのが干支暦であり、運命学であり、アーユルベーダや中国医学などの人を幸せに導くものでした。しかし、当時の古代人が理解できるレベルでしか伝えることができなかったのが運命学です。
その代表的なものが、甲は、大樹 丙は太陽といったものです。当時の原始人が理解できるものはその程度だったから、そう教えるしかなかったのでしょう。
さて、本当は何千年も前に、高度な文明をもった何者かは、どんな運命学を教えたかったのでしょうか? 最先端の西洋の心理学はそれに近づいてきているようです。先祖からの因縁の解放の仕方、運命とは? こんな本来は東洋人が得意な分野まで、今は西洋人のほうが深く研究して成果を出しています。
西洋の心理学では、出来事を吉とか凶とかに分ける発想そのものが不幸を創造すると定義されてます。凶を避けたいという発想が不幸を招くと定義されています。dancing with risk という発想が幸運を招くとなっています。
そう、日本で市販されているすべての占いの本は、ホロスコープや四柱推命もふくめ もう最先端の西洋心理学からみれば、周回遅れもいいところです。


日本人はこの程度か? という目で 見られています。
新しいパラダイムに移行しなければ、ますます遅れをとってしまうでしょう。

6月末から7月に出版する新刊では、500ページにわたって詳細に1つ1つの古くて使えない四柱推命理論を作り変えた内容を記載しております。

四柱推命の神秘と現実と真理

連休に入りましたが いかがお過ごしでしょうか? 私は、新刊の原稿の校正に集中しております。B5版で500ページちかい超大作なので、今までの何倍もの時間がかかっております。

タイトルは 「四柱推命術 その神秘と現実と真理」です。基礎編と応用編に分かれていて 実際的には2冊分です。基礎編は完売になって3年が経過した「運命学大全」の古くなったものを書きなおしたものです。後編は、今までの四柱推命を根本から見直すような内容です。

ちょっと入り口を解説しましょう。四柱推命の根本原理は、干支の暦です。

暦って本当に神秘的です。こんなにも高度な天体観測が必要なものを、数千年も前に誰がいつどうやって作成したのか? この謎を解ける人は今の人類には存在しません。確実なことは数千年前の原始人が、独自で発明できるはずはありません。高度な知識をもった原始人でない人が、原始人に教えたと考えるのが自然です。では、高度な知識をもった人が、知識のない原始人にどうやって教えたか?

四柱推命の「甲」は、カルロスゴーンや中曽根元総理のように ふてぶてしいのが特徴です。しかし、こういった表現を語彙力の乏しい原始人が理解できるはずはありません。仕事の職種も農業と狩猟くらいしかなかった時代に、能力や性格の種類を分類すること自体難しかったはずです。しかたなく、高度な知識をもった人は、大自然のなかで指をさして「甲」は、大樹と教えるしかなかったのです。

言葉が発達してきた西暦1500年ころになった時点で、「甲」は大樹ではなくふてぶてしく、権威を好み、スパッと割り切れる人柄というふうに、発展させるべきでした。しかし、当時の中国人は、「甲」は大樹だから、斧の「庚」と、燃やす火の「丁」があれば、良命と共産主義的な発想で四柱推命を発展させていったわけです。それを明治時代に日本人が輸入して、今の四柱推命になってしまったわけです。つまり、数千年前の原始人と同じ次元で、理屈をこねくりまわしているだけなのです。だから、難しそうに見えるだけ。本当は難しくないのに。

マルクスの資本論と同じなんですね。私が大学生だったころ、この資本論に夢中になった人は多かったのですが、今となってはだれも信じていませんね。資本論は、当たらない、現実の経済とあわない と実験済みですから。

おなじことが、四柱推命業界にも、いえます。マルクスの資本論と同じく聖典とされていた、滴天髄、窮通宝鑑、神峰通考、こんな原書を卒業して本来の四柱推命 つまり数千年前の知識人が原始人に本当に教えたかったものに発展させていかないとなりません。

本書は、四柱推命の歴史を変える一冊です。運命学のルネッサンスのような一冊になり、これから先、20年は読まれ続ける名著になるはずです。

当社が過去に販売して完売となった書籍が中古で定価以上の値段で販売されているのはご存じだと思います。他に類似の内容のものがないから、欲しい人がいつまでもいるわけです。

定価 4万円を予定しています。しかし、下記2冊を持っておられる方には定価の半額以下での予約販売を予定しています。

相性占法の秘儀
https://www.fsoft.co.jp/AisyouBook/index.htm

ハピネス四柱推命・占星学 ~占い心理学 新運命学概論~
https://www.fsoft.co.jp/BookHappiurana/index.htm

令和時代の四柱推命

■令和の意味

令 は 命令 律令 といったようなことを連想させますね。つまり
ルールであり 規則であり 法律であり 権力です。

和 は、平和。

令和とは 平和を、権力=政体勢力でもって、統治していくというふうに
理解できます。

本当か? 半分は当たってます。

しかし、

日本は、戦国時代から、「まずは身内を騙せ。そうすれば、敵との戦いにも
勝てる。」という二重構造が得意な民族であることを忘れてはなりません。

DNAが螺旋の二重構造をしているように、日本の構造も同じです。そんなに単純に、時代を支配する元号が、1種類だけの意味で分かるはずはないのです。

ペルーが開国を幕府に迫ったときも、幕府はOK.しかし帝(みかど)はどうかな?と幕府は言ったものですから、西洋人はなんだ?本当の権力者はだれなんだ? と日本の本当の仕組みを理解するのはとても、困難だったと歴史書に記されています。

帝と幕府どっちが本当の権力者なんだ? と一つに決めたがるのが西洋人。

日本人は、どっちも、権力者で、時代の要請によって陰陽が転換する不思議な構造をしていても、そのまま す~と受け入れます。

日本語の原点は、ひらがな です。つまり 文字の記号には意味がなく、発音に意味があるのです。北海道のアイヌ語も同じですね。札幌は、アイヌ語の「さっぽろ」を当て字で漢字にしたものです。

れいわ = れい + わ です。

れい は、0(ゼロ)  わ は、自分の国。

沖縄 奄美の人なら、今でも 自分のことや自分の国を、わ と言うでしょう。

日本は、ゼロからのスタートになる という意味が隠されています。

つまり、今までの 金融 政治 エネルギー の仕組みがリセットされるということです。

モノを奪い合う今の世界のシステムじゃ 地球はもたないということが、もう
世界を統治するレベルの人は分かっていて、次のシステムを模索しているわけです。

そんな中で、日本の元号が、ゼロからのスタート という命名をしたものです
から、世界の貴族達は、驚きをもって日本に注目しいてるのです。

最後になりますが、占いの内容も、リセットするべきです。

四柱推命術 その神秘と現実と真理 というタイトルで、執筆中です。

あなたのミッションを遂行するために、ふさわしい才能が与えられているはず。

それを活用するか、腐らせるかは、あなたの脳の使い方次第。

じゃあ どういうパラダイムに変えればいいのか? 

筆者も長い年月 運命学の神秘に恋をしていたのですが、やっと神秘の
ベールを脱がし 妻にして 母にすることができたという段階です。

運命学に恋している段階は、もう終わりです。妻にして、母にすべきです。

おそらく5月末~6月 くらいには、発売できる予定です。

お楽しみに。

令和時代の占いとは?

 日本人なら新しい占いのパラダイムに移行できます。中国人や西洋人などの外国人はできません。何千年にもわたって受け継がれてきた日本の価値観は美しいか醜いかです。善・悪、吉・凶ではないのです。

 美しさを競うスポーツ、たとえばフィギアスケート、水泳のシンクロ、などは日本は強いでしょう。美しさに対する価値観が優れているのが日本人です。

 カルロス・ゴーン氏が逮捕されて無実とか有罪の是非を論じているのがメデイアですが、日本人はもっと違うところを見ています。会社のお金で豪邸を購入したりクルーザーを購入したり、息子の会社にお金を送金するなどの行為を見て、その是非を判断しているのではなく、醜いと思っているのです。中国人や西洋人なら税法の許されている範囲かどうか?その是非を見るのでしょうが、日本人は美醜を見ているのです。

四柱推命の命式をみて、空亡だから、特殊星だから、命宮だから、この星は凶でこの星は吉で・・・と断定する占いは美しいでしょうか? 

 醜いと感じます。そこに、相手を思いやる愛情も気持ちもないからです。

#占い #四柱推命 #令和 #カルロスゴーン #吉凶 #運命学